FC2ブログ

久しぶりの交信

CW NETをのぞけば、J7以来10日ぶりの交信となった今朝の40mCW.
2100UTCにはLZが599で強力に入感していました。
J47をしばらく呼びましたが、コールバックがないので朝食QRTとしました。

春分の日を迎えるまでは、もうしばらくヨーロッパが強力に聞こえるでしょうか。

K5Dはできないが その2

14.140MHzDWN10でK5DがJAをさばいています。
エリア指定を行っているので、交信の確率は上がりそうですがだめでした。
59で強力に入感していました。

ARRL CWをやっているので、SSBとWARCのみにQRVしているようです。

パッチンコアーは電源に

久しぶりにパッチンコアーを購入しました。
コモンモード電流は同軸ケーブルよりも、電源コードなどに強く流れていることが多いので、今回はTDKの3035-1330という大型のコアを10個購入しました。
それから、ローテーターのコントロールケーブルに使うためにZCAT2035-0930を20個。

ACコードは4回くらいコアをくぐらせると劇的に効き目が現れます。
ただパッチンするよりも、10倍近く効き目が出たりします。
逆にいうと、パッチンするだけの場合、かなりの数を使わないと効き目が出ないのが玉に瑕です。

K5Dはできないが

7MHzで579くらいで強力に入感していたK5Dですが、ご飯だよ~のQRMにはひとたまりもありませんでした。
その前に、QRX10を打って聞こえなくなったので、すぐにスイッチを切ることができ、かみさんの機嫌を損ねることがなかったのは幸いでした。

食べ終わってすぐにリグのスイッチを入れると、7.023MHzでは遅めのCWがのらりくらりやっているのが聞こえます。DX SummitにはUCと出ていました。JAでしょうか?

K5Dはあきらめて、下の方を聞くと、7.007MHzでJ7Nが聞こえます。459位で少し厳しいのですが、UP1で呼ぶこと数回。OK7USTかJK7USTでコールバックがありました。
ノイズのおかげでJかOの区別が付きにくいので、JK7USTを2回打って599を送りました。
今もこの時間(11:37UTC)J7NがJA相手に交信しています。
Dominicaは初交信でした。

Eスポで初交信

日中Eスポを利用して21MHzCWで1エリアの局と交信出来ました。
Eスポというより、スキャッターぽかったですが。
ピークで559でゆっくりしたQSBがありました。
こちらは4エレビームを南向きに、向こうも4エレ八木でした。
他のエリアはガツンと入感していたので、Eスポでしたね。

ところが、夕方のEスポはもっと強力でした。
今年初めて50MHzCWで4エリアの局と交信しました。
夕飯に呼ばれたので1局のみでリグのスイッチを切りました。
50MHzなんかはSSBでも良いのですが、CWが聞こえたのでマイクをつなぐのをやめて、Keyをたたきました。

今朝の14MHzCWのK5Dは弱かったです。
F層はあまり活発ではなかったのではないでしょうか。
そのかわりといってはなんですが、E層が活発だったので良しとしましょう。

移動局の免許がおりる

変更申請していた移動局の免許がおりました。
最近は申請してから3週間くらいで免許がおりるようです。
固定局の変更申請も3週間かかりました。

免許はおりたのですが、まだTM-D710を車に積んでいません。
実は私の車をオデッセイからヴィッツにエコ替えしたのです。
通勤は片道28kmで、月に最低2回は給油します。ガソリンが高騰した昨年夏はお財布が痛かったです。
オデッセイは運転していて楽しかったのですが、燃費が2倍のヴィッツに乗ることにしました。
かみさんが先代のヴィッツに乗っているので、同じヴィッツということで少々抵抗感もありましたが。
納車が来週の予定なので、納車を待ってTM-D710を取り付けることにしました。

そんなわけで、APRSは固定からすでに運用を始めていましたが、本格的な移動局はもう少し先になりそうです。

K5D

今朝の0730~0800JSTに14.023MHzでK5Dを聞きました。
ちょうどJAの指定だったので、UP10くらいで呼びました。
こちらには559~579で入感していたので、もう少し呼んでいればチャンスがあったかもしれませんが、息子を塾へ、娘を高校へ送っていかなければならなくなり、泣く泣くスイッチを切りました。
そのあと、タワーを半分まで降ろして出かけました。
春一番です。

チェックインは830で

今日のRT20に元気になったTS-830Vを使ってみました。
CWの音は軟らかくて聞きやすいです。
あとはローバンドのDXがどんな音で聞こえてくるか。
しばらく使っていなかったので忘れてしまいました。

TS-830V QRH

TS-830V

昨年から数百Hzのオーダーでいきなり周波数が飛ぶようになったTS-830Vです。
VFOがいかれかかっているようなので、オークションでもう1台手に入れて、VFOを移植しようと考えていました。
ところが、たまたま何の気なしにFIXのスイッチを触ったら、周波数が変わるではありませんか。
オンオフを繰り返してみたり、途中までスイッチを差し込んでみたりしたら、その度に周波数がずっこけます。しばらくガチャガチャスイッチをいじっていたら、QRHが止まりました。

FIXスイッチの接触不良が周波数変動の原因だったとは。
とりあえずお金をかけずにTS-830Vをまた使うことが出来るようになりました。

今日送った?

1月15日に終了した固定局の変更審査。(Web経由)
1月19日に移動局の変更申請をしたついでに、少し遅くなったけれど1月20日に固定局と移動局の免許の返信用封筒2通を1つの封筒に入れて総通に送りました。
ところが、待てど暮らせど固定局の免許が届きません。
それで、今日総通の陸上課へ電話で問い合わせました。

確認するから、折り返し電話しますということで待つこと10分。
かかってきた電話では、今日固定局の免許を送ったので、明日には着くと思います。ということでした。

きっと、移動局の返信用封筒だけだと考えられていたのでしょう。
1通の封筒に2通の返信用封筒を入れたのが間違えられたもとでしょうが、ちょっとお粗末ではないでしょうか。
こんな事が起きないように、電波法を改正して、SASEは必要なくしてほしいです。

今朝の3.5MHz

JR0QWW/TaroさんとのSKD前のわずかな時間を使い80mを聞いてみました。
ヨーロッパが結構聞こえました。
あまり時間はありませんでしたので、OM2VLとだけ交信しました。