FC2ブログ

QRP SPRINT コンテスト 結果

第11回 QRP SPRINT コンテストの結果が発表されました。

コンテスト結果

楽しんだ14MHzQRP部門で優勝しました。
いい気持ちで昼寝して、寝過ごした7MHzQRP部門は23位でした。
まあ、今年はこれでいいのかな。

主催者発表によると、今年の参加者数は昨年の50%増しだったようです。
コロナウイルスの影響があるとはいえ、素晴らしいことだと思います。
QRPに興味を持ってくれる人が増えるのは大歓迎です。

オール東北コンテスト結果

東北コンテストにJE7ZFE/7で参加しました。
結果はダントツで1位。
ここをクリック
主な社団局はコロナで運用できませんでしたから、棚ぼたです。
参加の目的はJE7ZFEを知ってもらうことだったので、多少は貢献できたでしょう。
いつか、どこかの河川敷に集まって、東北A1クラブメンバーで運用したいですね。

QRP Sprint

今日の名取市は31度まで気温が上がりました。
昨日までは朝だけですが暖房を使っていたのが嘘のようです。
山の上は風が強かったので、窓を開け放しておけば耐えられる暑さでした。湿度が低かったのでしょう。

毎年楽しみにしているQRP Sprintコンテストに参加しました。
前半のハイバンドの時間帯はほぼEsが発生しており、たくさんの局と交信できました。
もっとも、最初の1時間にガンガン呼ばれて、後の2時間は我慢の時間でした。
2020QRPSprint20m.jpg

やってしまったのは第二部のローバンド部門です。
少しうとうとしてきたので横になったら、目が覚めたときには17時を過ぎていました。
慌てて40mに出たのですが、後の祭りです。

2020QRPsprint40m.jpg

DSCN1395.jpg
使ったリグはCQ誌で紹介されたHT-1Aです。
受信性能はK1と同じくらいFBです。クリック付きのロータリーエンコーダーなのが玉に瑕ですが、移動運用なんかがピッタリだと思います。我が家にはK1があるので出番が少ないですが、今日は活躍してもらいました。
ただ、K1も同じですが、40mバンドのアンテナをRDPからHB9CVにしてから、夜間に放送が混入するようになりました。混変調なのでしょうか。さすがにTS890やK3なんかは気にならないレベルですし、その受信部に外付けのフィルターを入れてやると、全く影響を受けなくなります。ですから、リグを取り替えれば引き続き運用できるのですが、スタートがグズグズだったので続けようという気力がなく、7時の時報を聞きながらビールの栓を開けることになりました。
コンテスト中の最高出力が5Wなので、QRO局からの潰しがありませんし、弱い信号をなんとか聞き取ろうとする気になる、なかなかFBなコンテストで気に入ってます。

ALL JA

コンディションが良かったですね。楽しめました。
今年は呼ばれるのを楽しもうと、7MHzCWシングルバンドで参加しました。
2020ALLJAwkd.jpg
とりあえず300QSOが目標でしたが、思った以上にコンディションが良くて10時、11時は呼ばれ続けて、あっという間に目標を達成してしまいました。
どうせならと自己最高の465QSO突破を狙ったのは、コンステターにはあるまじき行為でありましたが、なんとか自己最高記録を突破することができました。そうなると人間欲が出るもので、ここまで来たら500QSOを目指そうということで、柄にもなく18時までコンテストに参加してしまいました。
リグのスイッチをパチンと切って、風呂に入った後にいただいたビールはおいしゅうございました。
しばらくコンテストはいいかという気がしますが、週末のQRPコンテストには出てみたいと思っています。
交信していただいた各局、ありがとうございました。

オール東北コンテスト

オール東北コンテストにJE7ZFE/7で参加しました。
18日夜は風速19.3mの風が吹き荒れ、LWを切られてしまいました。
近所の学校の体育館のトタン屋根が3枚飛ばされるくらいの風なので、LWはひとたまりもないでしょう。
おかげで1.9MHz、3.5MHzから始める計画は頓挫し、この日は7MHzで僅かに8局と交信したのみでした。

翌日は6:44からコンテストに参加しました。
最近では珍しく、不安定ながらも1エリアがオープンしていて、1時間ちょっとで60局ほど交信できました。
1エリアに対しては朝が一番良かったかもしれません。
しかし、加齢による聴力低下、16ビットという今となっては旧式になってしまったDSPのリグ(FT450です)、タワーを降ろしたことで増えたノイズ。これらが相まって1エリアの信号をコピーするのが時には難しい場合がありました。ある局などは、コールサインがコピーできたのにもかかわらず、10回近くリトライしてもらったのに、とうとうコンテストナンバーがコピーできないことがありました。この場を借りてお詫び申し上げます。TS890かK3を使えばもっと楽に交信できるのですが、クラブ局で免許されているのがFT450なので致し方ありません。

10mhと20mhではノイズレベルはそんなにも違うのかという問いに関しては、違うと申し上げておきます。
もちろん、日によってその差は違うのですが、コピーできなかったことが悔しくて、風はまだ収まりきっていませんでしたが、昼食休憩の時にタワーをフルアップしてコンテストに戻りました。そうすると、弱い信号でもノイズに埋もれることなくコピーできるのです。おかげで、7エリアの局と何局も交信でき、マルチが増えました。

2020ALLJA7.jpg

ほとんどが7MHzでの交信で、14MHzは両手両足には少し足りないくらいです。
交信ありがとうございました。そして、呼んでいただいたのに交信できなかった方、またの機会によろしくお願いします。
QSLカードは1Wayで発行したいと思います。

JIDX

スタートの2時間だけ一生懸命にやりました。
2020JIDXworkedEntities.jpg
漫然とやっていてもつまらないので、RBNを見て自分の電波の飛びを確認しながらランニングしました。
2時間の中でも、コンディションは大雑把に言って2回ほど山と谷がやってきました。
TS890のバンドスコープを見ていると、入感する局数が多くなったり少なくなったりしていることがわかります。RBNでJK7USTを捕捉した局やその時の信号強度と、バンドスコープの状態がリンクしているのが面白かったです。

今朝はCQをちょっと出してから、10局くらい呼び回ってやめました。
N3RIがフラッターを伴って入感してきたので、RIというサフィックスから、まさかのロードアイランドかと思ったのですが、QRZ.comを見たらNCだったみたいで残念でした。一応交信はしましたが。

夕方もう一度参加するつもりですが、FISTSのNETがあるので参加は流動的です。自分の中では、終了という二文字がチラチラしていますので。
昨年よりもコンディションはいいのかな。

全市全郡7MHz QRP入賞

全市全郡コンテストの結果が発表されました。

全市全郡7MP入賞

2019全市全郡7M

QRPで3番目でした。
交信ありがとうございました。

書類提出局リストはここ

A1CLUB ストレートキーコンテスト賞状

賞状をいただきました。
2019 A1CLUB Straight Key Contest
ありがとうございました。
毎年楽しみにしているコンテストです。入賞すると嬉しものですね。

初ND!

昨日の20m、40m、今朝の20m、QRPでARRL DXCWコンテストに参加しました。
せっかく200Wアンプが免許されたので、試し打ちをしても良かったのですが、パワーを出せば交信できるのは当たり前なので、いつものようにQRPで呼び回りました。
DSCN1359_20200216150244bc2.jpg


土曜日の20mは、コンディションとしてはピークを過ぎた感じで、西海岸中心の交信になりました。
2020ARRLDXCW2.jpg
やっと五大湖のほとりまで電波が飛んでいった感じです。

夜は40mで。
2020ARRLDXCW3.jpg
5Wでバージニア州までよく飛んでいきました。正月にロングパスでバージニア州のJackからもらったレポートは449でした。そのときは100W出していました。今回はショートパスですがわずかに5W出力です。相手の耳に感謝です。

今朝は6時頃から20mを聞き始めました。
最初はパラパラとしか聞こえませんでしたが、日の出の頃になると多くの局が聞こえるようになりました。
2020ARRLDXCW4.jpg
そして、コネチカット州やニューヨーク州などの東海岸のアマチュア局と交信できました。
ふわふわした感じの独特の信号を聞くと、気分が上がりますね。NJなど東部の州が他にも入感していましたが、残念ながら交信できませんでした。「K7US」までコピーしてもらった局もあるのですが、QRPなんで致し方ありません。

そんな中、599NDというコンテストナンバーが聞こえてきました。
まだ交信していないノースダコタ州のアマチュア局の信号です。はやる心を落ち着かせて、なんとか交信することができました。
これで、WAS完成までロードアイランドを残すのみです。コンテストに参加して良かった~