FC2ブログ

パッチンコアが原因?

アイソレーターの発振音の原因を突き止めました。
アイソレーター出力側のコード(バッテリーへ接続するコード)に装着していた合計10個のパッチンコアを外したら、発振音はピタリと止まりました。パッチンコアを装着すると、また発振音が聞こえます。
まだ机上の実験なので、これからレヴォーグに装着して試してみます。何はともあれ、これで大きく前進できます。(原理はわかりませんが)
中波ラジオやHFにノイズが入るのを阻止するために入れたパッチンコアが、悪さをするとは思いませんでした。

アイソレーターが修理から戻ってきたけれど

車のサブバッテリーを充電するために使っている大橋産業のアイソレーターは、昇圧回路があるためにバッテリーをフル充電できる優れものです。しかし、私の購入したものは昇圧回路が働いているとピーピーピーという音がします。それで、メーカーに送って修理をお願いしたのですが、症状が再現できず、アイソレーター本体と、念のために基板を交換したという連絡の手紙が入ってました。

早速試してみたのですが、上の動画と同様にピーピー音が出ています。
メーカーの担当者と電話で話してみたのですが、微かに音が出ることはあるが、ケースに耳を近づけてやっとわかるくらいの大きさだそうです。これだけ音が大きいのは例がなく、入力か出力の電圧の変動が大きすぎるのではないかという話でした。
それで、車からのケーブルを入力から外し、その代わりに12Vの安定化電源をつないだのですが、それでも音はやみません。
次は、アイソレーターを車から外して、机上で入力に安定化電源をつなぎ、出力に今まで使ってきたサブバッテリーではなく、別のバッテリーをつないでみようと思います。

太陽光発電と広島WAS

IMG_1714.jpg

IMG_1713.jpg

太陽光発電コントローラーが故障したので、新しいコントローラーを調達して試運転に行きました。
ところが、新しいコントローラーでもまったく充電しないのです。それで、故障したのはコントローラーではないことに気づき、コントローラーと太陽光パネルを結ぶ電源ラインを調べたら、途中にあるコネクタの製造不良ということがわかりました。自分が作ったので、文句は言えません。
コネクタを少しいじって接触不良を直すと、ちゃんと充電が始まりました。

サブバッテリーの電圧が13.2Vとかになるとコントローラーの昇圧回路が働いて、バンド中が9+のノイズに埋もれてしまいます。
でも、10秒も送信していると電圧が11Vとか10V台まで落ちるので、昇圧回路が働かずに直接充電し、ノイズはほぼなくなります。まあ、移動運用中はCQを出してランすることが多いので、とりあえずOKにしました。日光の当たり方にもよりますが、1.2Aから2Aの電流で充電されているようです。受信時の電流が0.4Aとかなので、受信している分にはバッテリーに電気が貯まっていきます。送信時には10数A消費するので、送受信を繰り返しながら徐々にサブバッテリーの電圧が下がってくる感じです。

広島WASに参加しましたが、コンディションが悪くて1エリアと交信できませんでした。
大票田と交信できなければ、もうどうしようもありません。

再び太陽光発電

DSCN1092.jpg
写真の秋月電子で購入した充電コントローラーが壊れてから、しばらく太陽光発電パネルが使えなくなっていました。
地震もあったことなので、システムを再構築するために新たなコントローラーを購入しました。

DSCN1090.jpg
今度のコントローラーは液晶パネルがついていて、発電量、バッテリー電圧や電力使用量がわかるようになっています。
この写真では、発電して0.2Aの電流で充電中であることを示しています。
今までは電流計やテスターで充電電圧、電流、バッテリー電圧などを測っていたので、コントローラーだけで状態がわかるというのは便利ですね。壊れた安いコントローラーの2倍以上の金額を出した甲斐があります。
常時使用するためには少し心もとない製品ですが、移動運用の時に引っ張り出してきて使うくらいなので、これで十分使えます。
取り付けていると10mAくらいは電気を消費するようなので、普段は外しておきます。

DSCN1091.jpg
50Wのパネルです。曇りなのでこんなものでしょう。

DSCN1088.jpg

DSCN1089.jpg
実は、今回購入したのはこれがメインです。
バッテリーと太陽光発電コントローラーとDC-ACコンバーターが1つの箱にセットになった製品です。
150Wなので大して容量はありませんが、手元に置いて緊急時にすぐに使えそうです。
充電は太陽光発電、AC、シガーソケットからできるので、電気を使い切っても充電できそうです。
USB端子もあるので、電気に詳しくない家族でも、携帯の充電くらいは一人でできますね。
大きな電力を使う時はサブバッテリーを、お手軽に手元で使いたいときにはこのバッテリーセットを使いたいと思います。

さえずり 初出勤

先週は間に合わなかった「さえずり」を携えて、また鳥の海へ行きました。
今回のアンテナはVCHです。
コンディションが悪い中、よく働いてくれました。改めてこのアンテナの性能の良さを感じました。

IMG_1269.jpg


IMG_1272.jpg

さえずりは相手局が縦振れやバグキーをお使いの時に、ちょっと使ってみました。
手に持って打つよりも、置いて打った方がいいですね。

コンディションが悪かったので、交信もそこそこにして、リニューアルオープンした鳥の海温泉に行きました。

IMG_1274.jpg

お腹がすいたので、温泉に入った後は1階に出来た軽食コーナーでお蕎麦をいただきました。
450円のカレーライスが盛りがよさそうでした。今度はカレーを食べてみたいと思います。
それから、レストランや宿泊も復活したようです。
IMG_1273.jpg

さえずり

A1CLUB 20周年記念Keyの「さえずり」が届きました。

IMG_1262.jpg

IMG_1263.jpg

IMG_1264.jpg

17番のキーをいただきました。
東北復興アマチュア無線フェスティバルで試し打ちさせてもらったのですが、縦振れがカチッとした感触でいいなと思い注文しました。
机の上に置いて打ってみると、これがいい感じです。
筆おろしはクラブのOMさんと2Way縦振れでした!

今日は移動運用してきたので、それに間に合えば最高でした。
さえずりが来たのは出発してからなので、移動運用では残念ながらエレキーを使っての交信です。
IMG_1261.jpg

IMG_1260.jpg

フロントエンドフィルター その2

LCフィルターにスイッチを付けて、使いやすくなりました。
DSCN0886.jpg

DSCN0887.jpg

DSCN0888.jpg

ケースに入れたフィルターの特性はこんな感じです。
20171023_122719.png
ほぼ40mバンドをカバーしているようです。
スイッチ2つでフィルターのオンオフが出来るようになったので、使い勝手がよくなりました。

連休中のTo do リスト

連休中のやることの筆頭に庭の草刈りがあります。
IMG_0575.jpg
面倒なことは先に済ませました。これが終われば、大手を振って遊べます。

DSCN0813.jpg
次にやったのがエレキー&切換器のラベル張り替え。
作った時と使っているリグが変わったのに、リグ表示ラベルをそのままにしてあったので、張り直しました。
これで、Keyがどのリグにつながっているか試し打ちをしなくても分かります。こんなのは当たり前のことですが、心に余裕がないとやろうという気になりません。

次は新しいアイソレーターの取り付けです。
IMG_0574.jpg
スバルのディーラーにサブバッテリーを使った電源システムの構築を新車購入時にお願いしました。
ところが、最近どうも調子が悪いので新しいアイソレーターを購入して、思い切ってシンプルな構成にしてみました。
とりあえずうまくいったようなので、TM-D710を接続して試運転をやってみました。そして、FT857DMでHF移動運用をやろうとしたのですが、山形へ行く国道が激混みなので、諦めて帰宅してブログを書いています。
GWは出かけるなら朝早くでないとダメですね。

アイソレーター

前に乗っていた車はアクアで、ハイブリッドだったせいか14V台の電源を引っ張ってこれました。そのおかげで、サブバッテリーを満充電に近い状態にすることができました。
しかし、今度の車はレヴォーグなのでエンジン始動時で13V前半です。
この電圧だと、アイソレーターに入っているダイオードの電圧降下分を考慮すると、サブバッテリーに供給されるのは12V前半であり、満充電にすることはできません。

それから、この数日走行中に送信すると無線機の電源が落ちてしまうことが頻繁に起こるようになりました。送信すると、パネルの照明が暗くなるので、電圧か電流が足りていないのでしょう。

それで、サブバッテリーのシステムを替えるために新たにアイソレーターを購入しました。
DSCN0810.jpg
知り合いのOMさんに教えてもらった大橋産業のアイソレーターです。
このアイソレーターの良いところは、メインバッテリーとサブバッテリーの電圧差が1V未満の時には昇圧回路が作動し、サブバッテリーに15Vくらいの電源を供給するところです(MAX 10A)。そのため、サブバッテリーを満充電することができます。

じつは、現在使用中のアイソレーターにDC-DCコンバーターをつないでサブバッテリーを満充電しようという構想があり、スイッチングタイプのDC-DCコンバーターを購入したのですが、構想は実現しませんでした。

GWに新しいアイソレーターを車に実装しようと思います。