IC7300 外部キーパッドの製作

OM諸氏の製作記に触発されて、キーパッドを作ってみました。
DSCN0842.jpg
ヤフオクで手に入れました。送料を入れても1000円でおつりが来ました。

DSCN0843.jpg
ケースに入れる前に動作確認です。必要性を感じていないので、UP&DWNスイッチは付けませんでした。
CW,RTTYとPhoneで使えます。(めったにオンエアしないので、音声メモリは未確認です。)

DSCN0846.jpg
タカチのYM-65に入れて完成です。
PCを使わずにRTTYで交信できるようになるところがウリだと思います。

連休中のTo do リスト

連休中のやることの筆頭に庭の草刈りがあります。
IMG_0575.jpg
面倒なことは先に済ませました。これが終われば、大手を振って遊べます。

DSCN0813.jpg
次にやったのがエレキー&切換器のラベル張り替え。
作った時と使っているリグが変わったのに、リグ表示ラベルをそのままにしてあったので、張り直しました。
これで、Keyがどのリグにつながっているか試し打ちをしなくても分かります。こんなのは当たり前のことですが、心に余裕がないとやろうという気になりません。

次は新しいアイソレーターの取り付けです。
IMG_0574.jpg
スバルのディーラーにサブバッテリーを使った電源システムの構築を新車購入時にお願いしました。
ところが、最近どうも調子が悪いので新しいアイソレーターを購入して、思い切ってシンプルな構成にしてみました。
とりあえずうまくいったようなので、TM-D710を接続して試運転をやってみました。そして、FT857DMでHF移動運用をやろうとしたのですが、山形へ行く国道が激混みなので、諦めて帰宅してブログを書いています。
GWは出かけるなら朝早くでないとダメですね。

アイソレーター

前に乗っていた車はアクアで、ハイブリッドだったせいか14V台の電源を引っ張ってこれました。そのおかげで、サブバッテリーを満充電に近い状態にすることができました。
しかし、今度の車はレヴォーグなのでエンジン始動時で13V前半です。
この電圧だと、アイソレーターに入っているダイオードの電圧降下分を考慮すると、サブバッテリーに供給されるのは12V前半であり、満充電にすることはできません。

それから、この数日走行中に送信すると無線機の電源が落ちてしまうことが頻繁に起こるようになりました。送信すると、パネルの照明が暗くなるので、電圧か電流が足りていないのでしょう。

それで、サブバッテリーのシステムを替えるために新たにアイソレーターを購入しました。
DSCN0810.jpg
知り合いのOMさんに教えてもらった大橋産業のアイソレーターです。
このアイソレーターの良いところは、メインバッテリーとサブバッテリーの電圧差が1V未満の時には昇圧回路が作動し、サブバッテリーに15Vくらいの電源を供給するところです(MAX 10A)。そのため、サブバッテリーを満充電することができます。

じつは、現在使用中のアイソレーターにDC-DCコンバーターをつないでサブバッテリーを満充電しようという構想があり、スイッチングタイプのDC-DCコンバーターを購入したのですが、構想は実現しませんでした。

GWに新しいアイソレーターを車に実装しようと思います。

MKCD2016 The Code Weapon

遅ればせながら、ハムフェアで購入したモールス符号復号機能付きメモリーキーヤーを作りました。
DSCN0763.jpg
まずは抵抗を半田付けします。

DSCN0764.jpg
次にダイオードやコンデンサを半田付けしました。

DSCN0765.jpg
トランジスタなども半田付けします。

DSCN0766.jpg
ジャックなどを半田付け。

DSCN0767.jpg
ICソケット、VR, ブザーなどを半田付けします。

DSCN0768.jpg
ケースに入れるつもりなので、付属のタクトスイッチは使わずプッシュスイッチを買ってきました。スピード調整のVRも半固定式のものではなくて普通のVRです。

ここで問題が発生しました。
キーヤーとしては動作するのですが、符号を復号してくれません。
クラブのOMさんからR2とか怪しいからチェックしてと教わり、見た目は分からなかったのですが再ハンダ付けしたらちゃんと復号してくれました。イモ半田でした。お粗末様。

DSCN0769.jpg
快調に働いています。
和文はまだなんぼも覚えていないので、へ~と見ていました。
これから、プラスチックの入れ物に入れる予定です。

QRP電力計

DSCN0732.jpg
MOTOさんのリクエストに応えて、終端電力計を載せました。
自作といってもキットです。当時はFCZから購入しました。
今はキャリブレーションが扱っています。
この電力計と、第一電波のSWR&PWR計の5Wレンジを使っています。

IC3PS

最近、シャックの整理をしなければという想いが過ぎるようになり、基本的にリグは縮小の方向へと持っていこうと考えています。
しかし、作りたいという欲求はあるのでがらくたは増える傾向にあるし、この時期、ヤクオフを見ていたら懐かしいものを見つけたのでポチッとしてしまいました。おそらく、定年までは整理縮小することは叶わないでしょう。

今回手に入れたものはこれです。
IC3PS.jpg
IC-3PS.
ICOMのハンディーシリーズ用電源。
開局当時、井上電機(現ICOM)がIC502を出し、TRIO(現KENWOOD)がTR1300を出したことで、6mが一気にSSB化しました。
私が所属していたJR1YGL(向陽中学校無線部)では3人の同級生はTR1300を購入し、後輩はIC502を購入しました。人気は二分されていました。
私はというと、ラジオの製作(廃刊)を読んでクリスタルコンバーターとAM送信機を作り、6mAMに出ていました。それで、KEY端子にアダプターを付けてやるとAMが出せるIC-502の方に魅力を感じ、高校生になってからですが、初めてのアルバイトで得たお金でIC502Aを購入しました。しかし、純正電源までは購入することができず、その時の記憶がオークションでの購入を後押ししたようです。

おまけで付いてきた?IC-502は予想以上に程度がよく、ロッドアンテナがまっすぐに伸びたのが嬉しかったです。
メーターランプが切れている、SSBの送信音が鼻づまりだということ位で、CWの送受信、SSBの受信はOKです。1μVの信号がきれいに聞こえますから、感度はあまり問題ないでしょう。送信出力が2Wなので、調整する必要がありそうです。
正直言うと、SSBはほとんど運用しないのでこのままでも良いのですが、SSBで運用する可能性が一番高いのが6mなので、できればちゃんとした音が出るようにしたいです。Eスポが発生するとついつい「CQ 6メーター こちらは・・・」などとマイクを握ってしまうのは、開局当時の名残なんでしょうね。 

バンドパスフィルター

DSCN0667.jpg
新スプリアス基準対策としてバンドパスフィルターを購入してみました。
QRPリグであれば自分でローパスフィルターなりバンドパスフィルターを作って取り付ければいいのですが、動態保存しておきたいTS520はVタイプを改造キット利用で100W出力にしたリグなので、新たにフィルターを取り付けて保証認定を申請しようと考えました。
そのため、メーカー製のBPFを購入しようとしたのですが、残念ながら国内メーカーではLPFはあるのですが、BPFはないようなので海外メーカーから購入することになりました。DunestarというメーカーのBPFを試しに購入することにしました。バンドはもちろん7MHzです。

ロスは0.5dB~0.7dB。減衰量は40dB。バンド幅は7.0-7.3MHzです。
IC7300に取り付けてバンドスコープで効果を確かめてみました。

(BPF取り付け前)
20161119_214416.png

(BPF取り付け後)
20161119_214457.png
7MHzの放送バンドは減衰されていませんが、下の方は多少減衰されているような気がします。

(BPF取り付け前)
20161119_221234.png
(BPF取り付け後)
20161119_221142.png
1MHz離れるとBPFの効果が多少分かります。

(BPF取り付け前)
20161119_221845.png
(BPF取り付け後)
20161119_222033.png
BPFの効果が明らかに分かります。
このくらい効果があれば、新スプリアス基準もクリアーできそうです。

オーディオフィルター

DSCN0521.jpg
KEM-TRX-2Bのオーディオノイズが相当あるので、オーディオフィルターを作りました。
CQ出版社「ラジオと電子回路」P.115のオーディオ用LPFです。
仙台市体育館近くの梅澤電機に部品を買いにいったのですが、10μFの積層セラミックコンデンサがなくて困っていたら、容量の誤差は大きくなるけれど電解コンデンサでもOKだと聞いて、手持ちのタンタルを使って組み立てました。

使い心地はかなり良いです。
カットオフ値が600Hzで、高音のシャーという音が大変少なくなります。これで、シャーの陰に隠れていた目的の信号がはっきり聞こえます。BPF内蔵のKENWOODのSP-31では減衰しすぎて聞こえなくなってしまう信号も、このLPFでは聞こえるレベルになっています。これで、KEM-TRX-2Bの実用性がグンとアップしました。外付けのフィルターにしたので、他のリグにも使えます。

USB-シリアル変換ケーブル

Windows10にアップデートしたら、変換ケーブルが使えなくなりました。
ずいぶん前に秋月で購入したものです。
これが働いてくれないと、Logger32でK2などのリグコントロールができません。
そうしたら、同じ秋月でWindows10で動く変換ケーブルがあると教えてもらいました。
FT232 USB-シリアル変換ケーブル VE488という製品です。
Windows8、8.1に対応とありますが、Windows10で動きます。
これで、Logger32でK2をコントロールすることができます。K2の周波数を読み込めないのが一番痛かったので、それが解消されただけでも御の字です。