FC2ブログ

フロントエンドフィルター その2

LCフィルターにスイッチを付けて、使いやすくなりました。
DSCN0886.jpg

DSCN0887.jpg

DSCN0888.jpg

ケースに入れたフィルターの特性はこんな感じです。
20171023_122719.png
ほぼ40mバンドをカバーしているようです。
スイッチ2つでフィルターのオンオフが出来るようになったので、使い勝手がよくなりました。

連休中のTo do リスト

連休中のやることの筆頭に庭の草刈りがあります。
IMG_0575.jpg
面倒なことは先に済ませました。これが終われば、大手を振って遊べます。

DSCN0813.jpg
次にやったのがエレキー&切換器のラベル張り替え。
作った時と使っているリグが変わったのに、リグ表示ラベルをそのままにしてあったので、張り直しました。
これで、Keyがどのリグにつながっているか試し打ちをしなくても分かります。こんなのは当たり前のことですが、心に余裕がないとやろうという気になりません。

次は新しいアイソレーターの取り付けです。
IMG_0574.jpg
スバルのディーラーにサブバッテリーを使った電源システムの構築を新車購入時にお願いしました。
ところが、最近どうも調子が悪いので新しいアイソレーターを購入して、思い切ってシンプルな構成にしてみました。
とりあえずうまくいったようなので、TM-D710を接続して試運転をやってみました。そして、FT857DMでHF移動運用をやろうとしたのですが、山形へ行く国道が激混みなので、諦めて帰宅してブログを書いています。
GWは出かけるなら朝早くでないとダメですね。

アイソレーター

前に乗っていた車はアクアで、ハイブリッドだったせいか14V台の電源を引っ張ってこれました。そのおかげで、サブバッテリーを満充電に近い状態にすることができました。
しかし、今度の車はレヴォーグなのでエンジン始動時で13V前半です。
この電圧だと、アイソレーターに入っているダイオードの電圧降下分を考慮すると、サブバッテリーに供給されるのは12V前半であり、満充電にすることはできません。

それから、この数日走行中に送信すると無線機の電源が落ちてしまうことが頻繁に起こるようになりました。送信すると、パネルの照明が暗くなるので、電圧か電流が足りていないのでしょう。

それで、サブバッテリーのシステムを替えるために新たにアイソレーターを購入しました。
DSCN0810.jpg
知り合いのOMさんに教えてもらった大橋産業のアイソレーターです。
このアイソレーターの良いところは、メインバッテリーとサブバッテリーの電圧差が1V未満の時には昇圧回路が作動し、サブバッテリーに15Vくらいの電源を供給するところです(MAX 10A)。そのため、サブバッテリーを満充電することができます。

じつは、現在使用中のアイソレーターにDC-DCコンバーターをつないでサブバッテリーを満充電しようという構想があり、スイッチングタイプのDC-DCコンバーターを購入したのですが、構想は実現しませんでした。

GWに新しいアイソレーターを車に実装しようと思います。

QRP電力計

DSCN0732.jpg
MOTOさんのリクエストに応えて、終端電力計を載せました。
自作といってもキットです。当時はFCZから購入しました。
今はキャリブレーションが扱っています。
この電力計と、第一電波のSWR&PWR計の5Wレンジを使っています。

USB-シリアル変換ケーブル

Windows10にアップデートしたら、変換ケーブルが使えなくなりました。
ずいぶん前に秋月で購入したものです。
これが働いてくれないと、Logger32でK2などのリグコントロールができません。
そうしたら、同じ秋月でWindows10で動く変換ケーブルがあると教えてもらいました。
FT232 USB-シリアル変換ケーブル VE488という製品です。
Windows8、8.1に対応とありますが、Windows10で動きます。
これで、Logger32でK2をコントロールすることができます。K2の周波数を読み込めないのが一番痛かったので、それが解消されただけでも御の字です。

簡易SG XG3

前から欲しかったエレクラフトのXG3をボーナシで購入しました。
EDCに在庫があったので、注文してすぐに届きました。
早速、シャックにあるリグの感度チェックをしました。

まずは亡くなった親父に買ってもらったTS520Vは7MHzで1マイクロボルトの信号がはっきり聞こえます。
K1, K2, K3, KX3も問題なしです。KX3てガンガン聞こえます。
YouKitsのEK-1Aは上記のリグより少し感度が悪く、1マイクロボルトの信号が微かに聞こえる程度でした。
SS-40は1マイクロボルトの信号ははっきり聞こえますが、VXOが安定せずにヒョロヒョロいってます。
アイテックのSR-7は1マイクロボルトの信号がガンガン聞こえます。聞こえ過ぎかな?

FT817,P-7DX,FT857はSGをつなげにくいので、後日測定します。
そして、念願のK3調整をしました。
XG3_1204.jpg
結果はよく分かりません。心なしか、音がブザーに戻ったような気がします。

安定化電源故障

長い間使ってきた安定化電源が壊れました。
電圧が規格通り出なくなってしまったのです。
修理に挑戦しましたが、結局直すことができず、手元にあったスイッチング電源キットを組み立てて、基板ごと交換しました。

PS2015.jpg

ちらっとノイズの影響がないか気になったのですが、KX3でハムバンドを調べた結果、特にノイズらしいものを見つけることはできませんでした。かれこれ4時間くらい使っていますが、今のところ問題はなさそうです。
トランスとケースを活用できたので、新品を買うよりも安上がりにすますことができました。

サブバッテリーが寿命?

アクアに積んだサブバッテリーが、いよいよ寿命を迎えたようです。
1,2年前に運用中、電圧が下がって「チャピッているみたいだよ~」と教えてもらいました。
その後、FT857の出力を20Wくらいに落として運用するなど、弱ったバッテリーをいたわりながらなんとか使っていました。

ところが、最近は満充電しても、30分も持たずに10Vを切ってしまうようになりました。
丸5年も使ったので寿命を迎えたのだと思います。
同じバッテリーを注文しました。交換します。
DSCN0040 (240x180)

スピーカー

SP1101.jpg
全市全郡コンテストでJO1ZZZを運用しました。その時のリグはIC7000でしたが、思ったよりもいい音がしていました。
リグ内蔵のスピーカーではなく、ステレオアンプ用の小さな外部スピーカーから音が出ていました。
ICOMでもこんな音が出るのかと思い、シャックに戻ったらオーディオ用のスピーカーをつないでみようと考えていました。

それが、このスピーカーです。
オーディオの分野はまったくわかりませんが、とりあえず安くて手に入りやすそうなFostexというメーカーのスピーカーボックスキットを購入してみました。
スピーカーはP800Kという8cmの小さなフルレンジスピーカーです。
スピーカーとスピーカーボックス合わせて2500円です。

こんな小さなスピーカーでも、お隣KENWOODのSP-31よりずっといいCWの音がします。
不思議なことにK2の内蔵スピーカーは私好みの音なので、この木製スピーカーはK2にはつながず、他の機械につなぐことにしました。