fc2ブログ

天童市移動

IMG_2738.jpg
宮城県と山形県境のトンネルを抜けると、外は一面白い霧に覆われていました。それでもアンテナの設営が終わる頃には、こんな素晴らしい晩秋の青空が広がっていました。霧の中では気温は9度でしたが、青空が広がると17度まで気温が上がりました。

1107Tendo3m_.jpg
釣り竿ロングワイヤーの8mのワイヤーに3mと付け足して11mとしました。これで、7MHzは大丈夫だろうと思っていたのですが、さにあらず。ひょっとして、9:1のバランよりもフロート・バランの方が良かったのかもしれません。次回は持って行きましょう。
魔法の小箱であるATUをそろそろ使ってみようかと考えています。

今度こそRIと交信!

昨夜のSSNは96。K値が0という絶好のコンディションでは運用しない方がおかしいというもの。
その割には、15mでキプロスの5B4AJCに続いて、20年ぶりとなるマルタ共和国の9H1XTと交信して満足してしまいました。

フレアが発生しているようなので、コンディションが良いのは今日の午前中くらいでしょうから、起きてすぐにリグのスイッチを入れました。
7エリアのアクティブなSukeさんがWの東海岸局と交信しているのが聞こえましたが、相手がS1くらいで弱いのです。
それでも交信の可能性はあるわけでして、こういうときにはCQを出すのが一番ということでCQを出したらK1TLが呼んできました。
S5~7位の信号で、強いとは言えませんがコピーするには十分です。そして、QTHはなんとRIでした。
WASを意識してきたのはアワードのゴールが近くになったここ数年ですが、ロードアイランド州からの信号はほとんど聞いて事がなく、SKDを組むつもりもなかったので、なかなか交信する機会がありませんでした。交信できるときはあっけないものです。

Wと初めて交信したのは1978年のことですから、それから40年以上かけてWAS (Worked All States) CWが完成しました。
このコンディションに感謝です。

FT817 ユーザー QSOパーティー

絶賛開催中です。
くわしくはここをクリック

土曜日はコンディションが良かったので、18MHz帯でCQ FTPを出したのですが、ほとんど呼ばれませんでした。
それで、普通の交信をしながらポイントを稼いでいきました。相手のハンドルを聞くために、こちらからハンドルを打ちます。そうすると、たいていの局が自分のハンドルを教えてくれるのでありがたいです。この日は10局ほどと交信できました。普通の交信なので、案外時間がかかります。

日曜日は7003kHzに集まるQRPerを狙って、積極的にCQ FTPを出しました。
IMG_2639.jpg
1kHz下で運用しましたが、1時間半で20局ほどと交信できました。
CQ FTPと打電しているので、ナンバーを交換するだけで交信が終わるので、普通の交信よりも短時間ですみます。
日曜日ということもあり、多くの局とナンバーを交換することが出来ました。


悲報 WAS完成かと思ったら

6月30日夜9時過ぎにIC705のスイッチを入れたら、K1Pが14MHzでオンエアしているのを見つけました。
強そうな局の交信が終わるのを待ってコールすると、QRZが返ってきたので、3回フルコールしようとしたら、2回目の途中でコールバックがありました。
K1P.jpg

交信が終わってからQRZ.comを見てみると、K1PはBristol, RI州のクラブ局のようです。
ロードアイランド州はWASで最後まで残っていた州です。
交信できたから良かったのですが、RIだとわかっていたら、200Wで呼んでいました。よくまあ5Wで東海岸局と交信できたものです。

と思っていたら、LOTWにUPされた情報では
K1P_202107031932216db.jpg
残念ながらマサチューセッツ州からの運用でした。
それでも十分凄いのですがね。

IC-502で6mEsを楽しみました

0627IC502.jpg
日曜日の午後、6mのコンディションが良かったので、1年ぶりに?IC-502で交信しました。
最初はIC-705で交信していたのですが、予想以上にコンディションが良かったので、IC-502でも交信できると判断して、IC-502へアンテナを切り替えました。
IC-502は高校時代、初めてアルバイトして稼いだお金で買ったリグです。
ずいぶん前に手放してしまいましたが、オークションで純正電源付きのIC-502が出品されていたのを見て懐かしくなり、購入しました。
出力が低下していたのと、周波数がかなりずれていたので、レストアの記事を見ながら調整して、交信できるまでになりました。
元々1MHzもある帯域のVFOなので、QRHは凄いし、VFOのメモリは50kHz毎なのでバンド内の大まかな位置しかわかりません。
また、サイドトーンはないし、ブレークインも出来ないので、CWを運用するには厳しいリグです。
しかし、懐古趣味に浸るには十分活躍してくれます。
今日はIC-502にミズホのCW-2Sという、本来はピコシリーズにつなげるCWモニターをつなぎ、ストレートキーをつなぎました。
出力3W弱で7局と交信できました。
北海道のA1クラブメンバーを見つけたときにはコンディションが落ち気味だったので、K3に切り替えて50Wで交信したのはご愛敬です。

コンディションが落ちてきたのと、風が重くなってきて空が怪しくなってきたので、これにてQRTします。

南相馬市移動

Mimamisouma.jpg
かみさんに頼まれたみそ落花生を南相馬市まで買いに来たのと、金曜日の夜に購入した夏タイヤの慣らし運転というのは表向きの理由で、移動運用しに来たというのが正解です。
南相馬市では桜が2分咲きくらいでした。
遠くに見えるのが風力発電の風車で、さらにその奥には火力発電所が見えます。
1時間ほどの運用で、20局ほどと交信できました。
仙台の桜はいつ開花するのでしょうか。
(日曜日夜のニュースで、仙台の桜開花宣言が出ていました。)


BluEarthGT.jpg
1月に2回目の車検をしたので、レヴォーグは6年目に入りました。タイヤも新調しました。
タイヤは純正タイヤと同じ物を選びました。

浜松市からオンエアー

息子の引っ越しの手伝いというか、お世話になった大家さんにご挨拶と、卒業式を見る(コロナで会場の中には入れませんでしたが)ために、浜松へ行ってきました。
亡くなった親父の実家が浜北区にあるのですが、宮城では「ペットショップ 大杉」しか見たことがないのに、浜松では時々「~ 大杉」という看板を目にします。やはり地元なのでしょう。
今回はかみさんの買い物の僅かな隙間を見つけて、30分ながら浜松城の駐車場から電波を出すことが出来ました。
Hamamatsujou.jpg
閉局しますと打電してから呼ばれたようですが、かみさんには勝てないので申し訳ありませんでした。桜のつぼみはすっかり膨らんでおり、まもなく開花の便りが聞こえてくるでしょう。

亘理郡山元町移動

山元町0228
まもなく震災10年になるので、久しぶりに太陽光パネルをサブバッテリーにつなげ、充電しながら運用してみました。
Jクラスターにアップしていただいたので、後半はひっきりなしに呼ばれました。

山元町牛橋公園
太平洋がすぐ近くまで迫っています。ロケーションはかなり良かったです。

DXCC 1UP

HH2AAと17mCWで8時半頃交信できました。
DXCCが1UPしました。

A1CLUBのOAMに3.5MHz帯でチェックインできたので、少しワッチすると20mバンドが北米向けにオープンしています。20mCWでカナダの局と交信したのですが、かなりコンディションが良さそうなので、17mを聞いてみるとHH2AAがパイルになっていました。ここ数日アクティブに出ている HH2AA は横田さんの運用によるもののようです。
デジタルモードでアクティブに出ていたのですが、とうとうCWにも出てきてくれました。
QRZ.comを見ると、山頂にあるシャックにリモートでアクセスしているようで、強力に入感してきます。
スプリットで交信しているので、UP1を指定のところ、呼んでいる中では上の方のUP1.7くらいで呼んでいました。呼ぶこと30分くらいでしょうか、徐々に弱くなってきていましたが、無事に交信することができました。