fc2ブログ

10mで北米東海岸がオープン

 太陽黒点数が200を超えたとか超えないとか。いずれにしても良いコンディションが続いています。
日曜日の朝にはマサチューセッツ州のW1MU Mikeと交信。彼とは40mでも交信していて、お互い電子ログを使っていたためか2バンドQSOというのがすぐに分かりました。続いて、同じマサチューセッツのN1Wと交信。こちらはレポート交換のみでした。
今朝は五大湖のほとりですが、ミシガン州のK8LGY Bruceから応答があり、3バンドQSOとなりました。
 最近10mで北米東海岸局と交信したのはあまり記憶にありません。しかも春ではなくて1月ですからね。珍しい気がします。先ほどはカルフォルニアのN6TI Norimasaさんが呼んでくれました。599+20dBのナイスシグナルでした。さすがは6エレメント八木アンテナですね。私の5mhHB9CVとは違います。これからの10mがますます楽しみになってきました。

TN8K

TN8Kの初日が出ました。
40mCWでした。朝の7時台は結構強力に入感していました。ピークで579くらいでしょうか。UP5.2kHzで交信できました。
昨日の朝、40mFT8でTN8Kからレポートまでもらっていたのですが、73が返ってこなくて残念な結果になっていました。今日は一番欲しいバンドとモードで交信できたので、後は無理せず交信できたら儲けものくらいのつもりでいきたいと思います。
今はリアルタイムで交信が確認できるので便利ですね。
TN8K40mCW2.jpg

早起きは三文の得

いつもなら二度寝するところなのですが、今朝は5時過ぎに起きたら眠れなくなったので、シャックへ行って無線機のスイッチを入れました。

40mCWでは、5時半ころセルビアの局が579で入感していたので、コールすると応答があり、559のレポートをもらいました。
ダイヤルを回して少し下の方を聞くと、7010kHzでMalta 9H1XTがCQを出していました。この局とは21CWで交信しているのですが、NOT IN THE LOGらしくてQSLは来ていません。Maltaは21CWで9H1ZAをCFMしています。できれば40mCWでも交信したいので、4,5回呼んだら応答がありました。交信したときはQSBの谷間だとノイズに沈んでしまうような信号でしたが、日の出が近くなるにつれて強くなっていきました。グレーラインパスなのでしょうか。ありがたいことです。

久しぶりの移動運用

東松島市で移動運用してきました。
Higashimatsushima1.jpg
久しぶりに青空が広がり、絶好の移動運用日和でした。
気温は28度まで上がりましたが、湿度が40~50%程度で風もあったので、とても心地よかったです。

今回の収穫は、タイヤベースに直接釣り竿を取り付けて運用できたことです。
Higashimatsushima2.jpg
これで伸縮ポールを持って行く必要がなくなり、ラゲージルームにすべてを納めることができます。
後部座席をたたまずに運搬できるので、お手軽運用化が一層進みます。
この釣り竿だと長さが5mのエレメントを取り付けられました。この長さだと14MHzの1/4λにあたるので、チューナーの手を借りずにSWRが1.5くらいまで落ちます。10MHzもチューナーでマッチングがとれますが、相変わらず7MHzはマッチングがとれません。時間があれば明日もう一度移動運用して、アルミパイプのエレメントを試してみたいです。

交信局数は10MHzだけで18局と少なかったのですが、結構レアなFISTSメンバーと交信できたりしたので満足しています。

七ヶ浜町移動

暖かい陽気に誘われて、七ヶ浜町へ行ってきました。
20220403beach.jpg
天気は良いし、風もそれほどなかったのでお出かけ日和でした。
浜は防潮堤でしっかり防御されており、残念ながら駐車場から浜へ見えません。
20220403Hitigahama1.jpg
さすがに長いアンテナなので道行く人が見上げていきます。
先日山形へ行ったときと違うのはATUが中国製からICOM製になったことです。
20220403ATU.jpg
ATUには容量結合用に銅箔アースを付けて、さらにラジアルを取り付けました。
20220403radial.jpg
これで80mから6mまで同調がとれます。
山形ではATUは耐電力の関係で中国製を使いました。リグはFTDX-10Mを使ったのです。
しかし、今日のリグはIC-705なのでATUはICOM製を使いました。
中国製はこのアンテナだと20mバンド以上で同調がとれます。30mは同調がとれたりとれなかったりで、40mや80mはダメなのです。
地面が海岸沿いかそうではないかという違いがあるので、これだけでは中国製ATUの性能について語ることは出来ないでしょうが。
20220403inCar.jpg
車の中は、こんな感じです。

20220403Battery.jpg
2時間の運用で、オプションで購入したリグ付属のバッテリーは半分くらい使用したようです。
購入時に付属していたバッテリーが予備としてありますから、私の運用では外部バッテリーの必要はなさそうです。
30mを中心に50局ほどと交信できました。先ほどQSLカードは印刷したので、来週辺りに発送する予定です。

2022年 第一四半期

あっという間に1年の1/4が終わってしまいました。
3ヶ月の交信は
2022QSO_1.jpg
QRPのリグは活躍する場面が少ないのですが、今年は今まで作ったり購入したQRP機を使ってやろうと心がけてきました。
そんなわけで全交信数の半分がQRPということになっています。
せっかく作ったのだから、少し使ってあげないと。

8N1MORSE/7の運用

オール宮城コンテストで8N1MORSEの運用を行います。

記念局の情報はここ

今回はV/UのFMにもオンエアして、普段CWに馴染みがない局にモールス通信についてアピールしたいと思います。
日曜日は7MHzを中心に運用するつもりなので、土曜日のスタートは430のFMか2mにしようと考えています。
普段コンテストではQSLカードを発行していませんが、今回はモールス符号の宣伝なので1WayのJARL経由でQSLカードを発行します。
各局、交信よろしくお願いします。

GW3YDX

40mCWで久しぶりにGW3YDX Ronと交信しました。今日が4回目の交信です。
3回のうち40mが3回、20mが1回です。40mの交信は12月か1月の18~19時JSTです。
1エリアで開局した頃は10mがメインバンドでしたが、10mや15mは夕方になるとヨーロッパにオープンするバンドだというイメージがあります。でも、真冬の夕方は40mバンドもヨーロッパにオープンしているんですね。特に、ヨーロッパの奥の方です。グレーラインパスなんでしょうか。JAの夕方はヨーロッパにグレーラインがかかっていますから。
彼はCWにアクティブなコンテスターなんですね。ウェールズの自宅に大きなアンテナを上げています。きっと、また交信する機会があるでしょう。

NYP 1日目

あけましておめでとうございます

NYPはQRPで呼び回りに徹して、とりあえずノルマの20局は交信しました。
最初は40mバンドで交信していたのですが、CWバンドはOTHのQRMが酷いので、30mにQSYしました。
40mで11局、30mで10局でした。30mのアンテナはLW+ATUなので飛びも受けも悪く、FISTSメンバーを見つけたときは5W出力ではなく、100W出して呼んでしまいました。

今朝は15mでビームを北米に向けてCQを出しているのですが、RBNで17dBのレポートがもらえただけでした。
CQを出すときは、積極的にA1CLUBのKey「寅」を使っています。まあ、今月末のコンテストに備えて練習です。
40mはもう少し早い時間には北米がロングパスで入感していたようですが、この時間帯だとそれも終わり、ヨーロッパが聞こえるくらいです。といってもCWバンドは相変わらずOTHでうるさいので、SSBの方ですが。Iが57,58くらいで入感していました。SSBでヨーロッパのアマチュア局と交信するには、100W出力だと心許ないので聞いていただけです。

ノルマは終了したので、NYPはのんびりやります。

P.S. ブログを書いている間に、15mCWでJAのCQにN6TIが応答しています。こちらにはS9+10dBくらいで強力に入感しています。