FT8を始めるには

JT65の免許を受けている局がFT8を始めたいから、総通に変更を届け出たという書き込みを読みました。

近時の法改正による事前規制から事後規制への規制緩和という大きな文脈で見ると、総務大臣の「許可」が必要である(電波法17条1項)事案が、アマチュア局において一定の条件を満たせば、遅滞なく届出を行えば足りることになった(同法17条3項、同9条1項ただし書き)り、事前届け出で済むようになったことは見逃せません。今回のFT8の件は既に付属装置を使ってJT65を楽しんでいる局なので、遅滞なく届出をすればFT8を使うことが出来るのです。

「直ちに」、「速やかに」、「遅滞なく」は、時間的即時性に関する語句である点で共通しますが、法律用語としては、使い分けがなされています。 最も時間的即時性が強く求められるのが「直ちに」、その次が「速やかに」、この3つの中では最も即時性の弱いのが「遅滞なく」であるとされています。どれも具体的な日数をさしてはいませんが、銃刀法23条の改正では速やかに→20日以内にとなりました。

遅滞なくについてですが「保安規程変更届出や主任技術者の選任解任届出などは、法律において「遅滞なく届出」とありますが、どのくらいの期間で届出を行えばよいのですか?」という質問に対して
「明確な定義はありませんが、届出を必要とする事案が発生した時点から、できるだけ早く手続きを行って下さい。当支部での運用上の目安として、「1ヶ月以内」と御案内させていただいております。」と中部近畿産業保安監督部近畿支部がHP上で答えています。判例では3ヶ月というものもあったと思います。

ということは、電波法17条3項、同9条1項ただし書きに該当する軽微な変更については、届け出る前に楽しんでもOKだということです。そして、事をなしてから1ヶ月程度を目処に届け出ればいいということです。それが遅滞なく届け出るということです。技適リグの増設も軽微な変更と見なされますから、移動しない局の場合、買ったらすぐに使えます。使ってから遅滞なく届け出ればいいのです。移動する局についても、パブコメでシール廃止の意見募集がありましたから、次回の法改正で技適リグは買ったらすぐに使えるようになるでしょう。使ってから遅滞なく変更届を出せばOKになります。

この規制緩和については行政や法曹界では常識だと思いますが、無線界では未だに法改正前の考え方から抜けきらない人がいるので、規制緩和の成果を得ることが出来ていないのではないかと感じています。せっかくの規制緩和なので、みんなでその成果を享受しましょう。

変更届

技術基準適合証明設備のみで行う設備の変更届けをしました。
技適リグを購入したので移動しない局の変更届を出したということです。
前は4,5日で審査終了になっていたのですが、2週間近くも審査中です。
Henkou20170829.jpg
JT65等を許可してもらってから日にちが経っていないから、もう少し大人しくしておくようにということでしょうか。
まあ、届け出した時点でリグは使えるので良いのですが。

スプリアス確認保証

JARDからスプリアス確認保証通知書が届きました。
DSCN0858.jpg
せっかく電源ジャックやSELロータリーエンコーダなどを直したので、FT817無印をJARDでスプリアス確認保証してもらい、これからも使おうと考えたからです。修理に1万2千円もかかったので、これから先、FT817を使わないともったいないです。以前より、CWの受信音が良くなって帰ってきたのが嬉しい誤算でした。いや、棚からぼた餅というべきか。ただ修理しただけではなく、修理票には送受信を調整したことが記載されていました。K1,K2,K3といったリグの中にあっては、なかなか電源スイッチが入らなくなってしまっていたFT817ですが、この音であれば少し使ってみようかという気持ちになります。ちょうどA1クラブではQRP月間の企画をやっているので、FT817で500mWの世界を楽しんでみましょう。

さて、先日ヤクオフなどで処分したリグを撤去し、今回スプリアス確認保証をしてもらったことで、移動する局の送信機は全て新スプリアス基準を満たしていることになるはずです。新しい技適機種は当然新スプリアス基準はOKなので心配する必要はありませんが、TSSで保証認定を受けたあゆやロックマイト、KX3などが果たして新スプリアス基準になっているのでしょうか。あまり、東北総通の手を煩わせるのも悪いかなという気持ちはあったのですが、電話して聞いてみました。そうしたら、TSSで保証認定を受けた送信機がいくつかあるとのこと。(それです、それです)それは新スプリアス基準の送信機ですか、それとも旧スプリアス基準ですかと聞きました。すると、TSSに保証認定願いを出した時に備考に旧スプリアス基準であることを記載したかと聞かれたので、旧スプリアス基準だとは書いていないと答えました。それでは、保証認定された送信機は新スプリアス基準を満たしている送信機ですという話でした。

お役人と話をする時は、こちらもそれなりの法律知識が必要です。アマチュア無線が業務無線と比較して優遇されてきた理由など、歴史的な認識も必要です。それらがなければ、一方的にお役人に言いくるめられてしまうおそれがあります。やぶ蛇というやつです。ですから、役所と交渉して良い結果をもたらす自信がない時は、事の推移を静かに見守るということも大事ではないかと思います。

今回、スプリアス確認保証というものがいかなるものか体験してみたいというのが一番の動機でした。やはり、アマチュアとプロは扱いを完全に別にして、免許は包括指定とし、無線技士としての責任で自由にアマチュア業務に邁進するというのがよいのではないでしょうか。





JT65免許

JT65、その他デジタルモード多数を含む免許になりました。
Menkyo20170815.jpg

将来を見込んで20近くのデジタルモードを追加しました。
ソフトを起動すればいつでも運用OKです。
さて、まずはJT65から運用してみます。

送信機撤去完了

移動する局で送信機の撤去手続きが完了しました。
Menkyo20170809.jpg
先日処分したリグなど、10台の撤去が全て完了しました。
自作機が多く、電波の出る送信機はほぼ全て申請しているので、3局の合計数は結構な数になっていました。
残ったリグで旧スプリアス機 FT817等については、JARDのスプリアス確認保証を申請しました。
これで、移動する局、移動しない局とも全て新スプリアス基準になる予定です。

審査中のものはJT65などのデジタルモードの追加です。
JT65などに出られるのはもう少し待たなければないようですね。審査終了がお盆前だと良いのですが。

送信機撤去

移動しない局は古いリグをTSSで保証認定してもらい、全て新スプリアス基準にしました。
移動する局はFT817を使いたかったので、JARDのスプリアス確認保証をしてもらうことにしました。
ところが、総合通信局等に出す「スプリアス発射及び不要発射の強度確認届出書」には免許を受けている送信機を全て書かなければならないのが面倒です。それで、先日整理した無線機を撤去することにして、総通に変更届を出しました。

電子申請で10台の送信機を撤去したのですが、撤去にもかかわらず電子申請で技適番号の記入を求められたりしたので、総通に電話でやり方を聞きました。当初は以前の申請データを活用したのですが、データを活用せずに一から始めてみてくださいとアドバイスを受けて、一からやり直すとちゃんと撤去できました。

これで半分近くの送信機が撤去され、残り十数台のリグを書けばいいことになりました。技適番号がないリグは事細かに書かなければなりませんが、面倒なのはKX3くらいなもので、あとはほとんどCWモノバンド自作機なので書く量はたかがしれています。それでも面倒ですね。いっそのことFT817をTSSで保証認定してもらおうかと思い始めました。IC502はスプリアス確認保証の対象になっていないので、フィルターを付けてFT817と一緒に保証認定してもらえば一石二鳥ですし。

免許状が届く

移動しない局の変更申請が免許されました。
Menkyo0131.jpg
これでTS520や自作のトランシーバー、送信機などが新スプリアス基準で免許されたことになります。
TSSにわざわざ3000円も出すのはなんだかな~と思いますが、JARDは1台単位でお金を取るので、9台も変更申請したらお財布が空になります。有り難いTSSで保証認定を受けました。

今までと違ったところは、TSSから保証認定をしますという通知が来ませんでした。それから、移動しない局なのにシールが入っていました。私は返信用封筒に書かなかったのですが、封筒の左下隅に小さく9枚と書いてあります。誰が書いたのでしょうか?

こんなものいらない?

変更を届け出た免許状は来ず、シールだけ来ました。
DSCN0720.jpg
これで増設を届け出た無線機が使えるようになります。
でも、免許状を携帯すれば無線局免許証票は必要ないと法令を改正すれば、「移動する局」も「移動しない局」と同様に現に受けている免許状の記載内容に変更がなければ、変更届を遅滞無く届けるだけで使えるようになります。この辺りが、無線局免許証票の扱いの落としどころではないでしょうか。

移動する局の変更届け

あっという間に審査終了。
Henkou20170113.jpg
日曜日に変更届けを出して、月曜日が成人の日だったので、審査に要したのは実質3日だけ。
技適機種の増設や、送信機の撤去であれば、あっという間に手続きが終了します。
すでに返信用封筒は送ってあるので、シールが届くのを待つだけです。

続きを読む »