QRP遠距離QSO 

今月はCWモードによるQRP遠距離QSOを楽しもうということなので、初日にどのリグを使うか迷ったあげく、KX3にその役を任せることにしました。

初日にあっさり0.1Wで6エリアの局と交信できました。7MHzです。18MHzでは4エリアの局と0.5Wで交信できました。インドネシアの局とは5WにQROしたのですが、何度も何度もコールサインを打電して、何とかコピーしてもらえました。

一番難しかったのは1エリアのJG1BGTさんとの交信でした。CQに応答したのですが、応答した後コンディションが落ちてしまい、レポートがなかなかコピー出来ませんでした。今日の中では、一番距離が短いのですが、交信しやすさは必ずしも距離には関係しないところが面白いところです。

コメント

No title

はじめまして。
0.1WでのJA6は私でしたか?結構強く入っていました。こちらはKW+2eleでした。

No title

はじめまして。
今までたくさん交信してただいていますが、今日は最小パワーでの交信になりました。さすが良い耳をお持ちですね。こちらはKX3/100mW+2eleでした。40dB違いのパワーなんですね。こちらにはS9+で入感していました。

No title

こんばんは。
やはりそうでしたか実際の信号は419くらいでした。MSTに聞こえましたがUSTに打ち直しました。QRPで1W位かなと思ったのですが。
QRPは私も好きです。以前6ZP1 2W+0V1 6V6GT 3W+5球スーパー 2SC945 50mW+ダイレクトコンバージョン HW-9 ARGONAUTなどでやっていました。2SC945 50mW+21 6eleでG OH F W6などQSOできました。コンテストもQRPでやっていましたが最近はHPばかりです。今後ともよろしくお願いします。

No title

419でしたか。やはり、それくらいの差はありますよね。
2SC945で50mwということは2ステージの送信機でしょうか。7MHzだとファイナル2SC1815GRの2ステージで200mW位出てしまうので、100mWを切るのはだんだん難しくなりますね。ハイバンドであれば2ステージで100mW以下でいけそうです。その出力でGやFなどと交信というのは素晴らしいです。また、お空でお目にかかりましょう。73!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL