FT8を始めるには

JT65の免許を受けている局がFT8を始めたいから、総通に変更を届け出たという書き込みを読みました。

近時の法改正による事前規制から事後規制への規制緩和という大きな文脈で見ると、総務大臣の「許可」が必要である(電波法17条1項)事案が、アマチュア局において一定の条件を満たせば、遅滞なく届出を行えば足りることになった(同法17条3項、同9条1項ただし書き)り、事前届け出で済むようになったことは見逃せません。今回のFT8の件は既に付属装置を使ってJT65を楽しんでいる局なので、遅滞なく届出をすればFT8を使うことが出来るのです。

「直ちに」、「速やかに」、「遅滞なく」は、時間的即時性に関する語句である点で共通しますが、法律用語としては、使い分けがなされています。 最も時間的即時性が強く求められるのが「直ちに」、その次が「速やかに」、この3つの中では最も即時性の弱いのが「遅滞なく」であるとされています。どれも具体的な日数をさしてはいませんが、銃刀法23条の改正では速やかに→20日以内にとなりました。

遅滞なくについてですが「保安規程変更届出や主任技術者の選任解任届出などは、法律において「遅滞なく届出」とありますが、どのくらいの期間で届出を行えばよいのですか?」という質問に対して
「明確な定義はありませんが、届出を必要とする事案が発生した時点から、できるだけ早く手続きを行って下さい。当支部での運用上の目安として、「1ヶ月以内」と御案内させていただいております。」と中部近畿産業保安監督部近畿支部がHP上で答えています。判例では3ヶ月というものもあったと思います。

ということは、電波法17条3項、同9条1項ただし書きに該当する軽微な変更については、届け出る前に楽しんでもOKだということです。そして、事をなしてから1ヶ月程度を目処に届け出ればいいということです。それが遅滞なく届け出るということです。技適リグの増設も軽微な変更と見なされますから、移動しない局の場合、買ったらすぐに使えます。使ってから遅滞なく届け出ればいいのです。移動する局についても、パブコメでシール廃止の意見募集がありましたから、次回の法改正で技適リグは買ったらすぐに使えるようになるでしょう。使ってから遅滞なく変更届を出せばOKになります。

この規制緩和については行政や法曹界では常識だと思いますが、無線界では未だに法改正前の考え方から抜けきらない人がいるので、規制緩和の成果を得ることが出来ていないのではないかと感じています。せっかくの規制緩和なので、みんなでその成果を享受しましょう。

全市全郡コンテスト

全市全郡コンテストに参加しました。
FDのように山岳移動という手もありましたが、土曜日は雨だったので自宅から運用しました。
そのため、144や430の交信は0で、50は3局という結果でした。50MHzはもう少しできるかと思いましたが、運用局が少なくなりましたね。土曜日は50MHzで運用したのみで寝てしまいました。
日曜日は7MHzを中心に運用しました。
2017ACAG.jpg
気合いを入れたのは9時過ぎからの2時間と、14時から16時にかけての2時間でした。15時半頃には国内がスキップし始め16時半には友達が遊びに来たのでコンテストは終わりにしました。(終了間際に数局交信しましたが)
14と21に少しだけ顔を出しましたが、基本は7MHzでした。交信した皆さん、ありがとうございました。
QSLカードの交換は約束していないので発行しませんが、名取市は初めての交信なのでQSLカードがほしい等の局は、ダイレクトで請求して頂ければ発行します。(ビューロー経由だと他のカードに埋没して気付かないかもしれません)

40mフロントエンドフィルター

以前から興味のあったINRADのフロントエンドフィルターを取り付けてみました。
DSCN0876.jpg

フィルターなしの40mはこんな感じです。
20170913_213431.png

フロントエンドフィルターをつけると40mバンドがこうなります。
20170913_213102.png
+40dBの強さの放送波がS5-7くらいまで減衰されます。

詳しくはこんな感じです。
20170913_212924.png
バンド幅は18kHzくらいでしょうか。
これがもう1つあれば、CWバンドをほぼカバーできるので、大変良いのですが、残念ながらINRADにはこれしか在庫がないのです。

そこでクリスタルフィルターではなく、LCフィルターを作りました。
DSCN0880.jpg

LCフィルターを付けるとこうなります。
20170917_120953.png
LCフィルターはCQ ham radio別冊2008年夏号掲載のトロイダルコアを使った7MHz2ポールBPFです。ずいぶん前に作ったBPFですが、プラスチック容器に入れて使えるようにしてみました。
2連バリコンで周波数を可変出来るようにしましたが、帯域がかなり広く、40mバンドをほぼカバーできるようです。
それでも、帯域外は-30dB位になるようですから、普段使いにはLCBPFの方が良いかもしれません。INRADのフロントエンドフィルターはコンテストに使うとか。
それから、80m,30m,20mのBPFをつくって、プリセレクタとして発展させても面白いかもしれません。IC-7300は安くて性能の良いリグですが、どうしても受信トップがヤワなので補強してあげたい気になります。

IC7100

8月に参加したFDコンテストで、FT857の操作性がどうにも悪いのでその代替機としてと、V/UのCWリグが実質FT817しかないので50W固定機としてという2つの役目を担うリグとしてIC7100Mを購入しました。
DSCN0878.jpg

まあ、一番の目的は名取市役所リピーターと仙台空港の航空無線を聞くことなので、ID-51で十分いけるのですが、ハンディー機に電源やアンテナケーブルをつなぐとハンディー機の良さが消えてしまうので、ここは固定機(モービル機?)を購入することにしました。リピーターと航空無線がメインであればモービル機でも十分なので、車からTM-D710を降ろして替わりにIC7100を載せてみました。

ところが、TM-D710では問題を感じるほどではなかったのに、IC7100だとサブバッテリー充電器のインバーターノイズを感じてしまうのです。充電器やバッテリー周りにパッチンコアをたくさん挿入したのですが、大きな改善につながらないので、TM-D710を車に戻し、IC7100はシャックで使うことにしました。

シャックには大電流が取り出せる安定化電源が2つあるのですが、1つはオークションで購入した裸の電源ユニットで、電源ユニットのすぐ隣にあるK2はノイズの影響を受けてしまうので、安定化電源は実質1つと考えたほうがいい状態でした。それで、今回はトランス式の昔ながらの安定化電源をオークションで購入しました。
IMG_0839.jpg
以前使っていた安定化電源と大変よく似た電源です。
このタイプは制御回路の半固定VRがやられて使い物にならなくなるケースが大変多いそうですが、出品者が壊れた電源を手に入れてきて、制御回路を修理して出品していたものです。10年くらい前に同じような電源を手放してしまいましたが、今なら自分で修理していたかもしれません。

この電源に現在メインリグとして使っているK2とIC7300をつないで、ノイズの影響を受けないようにしました。そして、以前から使ってきたアルインコのスイッチング電源にK3やIC7100などをつなぎました。これで、HFとV/Uの同時運用が可能になりました。(実際に運用しているのは1人なので、同時送信はまず考慮する必要はありませんが)

宮城県ハムの集いに行きました。

IMG_0835.jpg
人がいっぱいでした。
IMG_0836.jpg
抽選会の時間には外でジャンクを漁っていた人たちも集まってきたので、本当に人がいっぱいになりました。予想していたよりも多くの人が集まったためか、最後の商品はポケットティッシュでした。運良く私は食器用洗剤をおみやげにすることが出来ました。

オール宮城と通信訓練コンテストの表彰式もあったのですが、賞状を渡すお手伝いをしていて写真を撮ることが出来ませんでした。入賞された局長さん、おめでとうございました。
JT65の交信方法の講習会があり、免許だけ取ってまだ交信していなかったので、自宅に戻って先ほどJT65で初交信に挑戦しました。ドイツの局と交信できて良かったです。

残念だったことは、せっかく前の日にQSLカードを印刷していたのに、持っていくのを忘れたことです。残念!