7MHzCW受信機製作

ランド方式で作る「手作りトランシーバー入門」を参考にしながら、7MHzCW受信機を作っています。
手作りトランシーバー入門

トランシーバー入門というくらいなので、受信機では終わらせません。トランシーバーが最終目標です。
そして、今回の肝はこれです。
XtalFilter1108.jpg
5.5MHzの水晶を使った手作り水晶フィルターです。(これは、製作途中の写真ですが)
CWトランシーバーを作るつもりなので、5素子のフィルターにしました。もちろん、サイドの切れを狙ってです。

5R5MHzRX1.jpg
IF以降が完成しました。

DDS-VFO-MC50で5.5MHzを出すと、しっかり受信できます。いってみれば、5.5MHz1波のダイレクトコンバージョンですね。IF2段の後、検波はダブルバランスドミキサーにしました。静かな受信機を目指しています。
ただ、IF段の2SK241のゲートにDDS-VFO-MC50の出力を近づけると大きな音が出るのに対して、水晶フィルターの入力にDDS-VFO-MC50の出力を近づけても小さな音しか鳴りません。どうも、フィルターが怪しいです。

そこでミキサーを作り、実際に7MHzを聞いてみることにしました。
RX1123.jpg
そうしたところ、7MHzの交信が弱くしか聞こえません。
やはり、自作水晶フィルターが怪しいです。
水晶をバイパスして、LCフィルターにしたら、7MHzの交信がじゃんじゃん聞こえてきました。にぎやかです!

にぎやかなのは良いのですが、混信しまくりなので、水晶を3個にしてフィルターを作り直しました。
3FL1124.jpg
帯域幅は7~800Hzくらいです。これが何とか働いてくれて、昼間の国内QSOは混信がほぼない状態になりました。

受信機は完成といきたいのですが、DDS-VFO-MC50の出力には10MHzをカットオフ周波数としているローパスフィルターが入っています。
確かに、11MHz辺りから徐々に出力が減り、12MHzでかろうじて信号が出ている程度になり、12.5MHzでは出力はほぼ0になります。
本当はそこからVFOの出力が必要なのですが、ローパスフィルターのせいで必要なところが使えないのです。ただ、DDS-VFO-MC50は16MHzまではちゃんと出力が出るようなので、ローパスフィルターの定数を変えてやればいいのです。それで、仙台のマルツパーツにRFCを買いに行ったのですが、パワーインダクターしか置いてなくて、今日のところはDDS-VFO-MC50のローパスフィルター改造を諦めました。

とりあえず、DDS-VFO-MC50を1.5MHzから発振させて、1.5+5.5=7ということで、7MHzCWを聞いています。
DDS-VFO-MC50は連続で発振できるので、トップのLC2段フィルターを切り替えれば、3.5と10MHzも聞くことができます。
DDS-VFO-MC50のローパスフィルターを改造したら、3バンド受信機にするつもりです。
そして、その後にいよいよ送信部を作ります。作るのはお正月かな?


宮戸島移動2

今日はローカル局と東松島市の宮戸島へ行きました。
私は10MHz担当で、ローカル局は7MHz担当でした。
私は全部で80局以上と交信できました。初めて交信した局が何局もあり、楽しかったです。
10MHzのコンディションは良かったですね!
Miyatojima1116.jpg
miyatojima2.jpg
Miyatojima4.jpg
Miyatojima3.jpg

Logger32

バージョン3.49.xxから3.50.xxへのアップは大きくかわるようで、自動アップデートはできません。
手動でやったのですが、久しぶりでやったせいで手順を間違えたのか、途中でログのロードが止まってしまい、エラーになってしまいました。

嫌な予感がしていたのか、ログのバックアップは昨日の分までやってありました。
それで、ほぼ実害はありませんでしたが、SKCCのWESで交信した分を失ってしまいました。
TTG/Akiさんとの交信も消えてしまいましたが、この交信は時間も信号強度もほぼ記憶していたので復活は容易でした。
久しぶりに30分近くAkiさんと交信しましたが、覚えているものですね。

Logger32の何が変わったのか、これからゆっくりと味わってみます。

再びTY1AA&ZD9XF

9月の交信したばかりの2局から、昨日同時にQSLカードが届きました。
TY1AAZD9XF.jpg

どちらも早い!
やはり、アフリカはLPでないと無理かも・・・・・

QRPクラブ コンテスト

大好きな縦振れのコンテストが終わったと思ったら、三連休にこのコンテストがあることを思い出しました。
昨年、一昨年は参加しなかったので、久しぶりの参加になりました。

ゴミ出しやら、片づけやらを9時直前に仰せつかったので、若干スタートは遅れましたが、お昼を挟んで40mで6時間は十二分に楽しめました。
9+の信号がないのは想定内でしたが、7以上の信号が少なかったので、今回はコンディションが良くなかったのだと思います。ハイバンドはほぼ壊滅だったでしょうか。私の聞いた時間が悪かったのかもしれません。

今回はK3ではなくK2で参加しました。
これは、自分で組み立てたK2だと自作機扱いになるからです。
自作機だからといって、K2は馬鹿にできません。
そこらのメーカー製リグより使えます。

K2完成中身

今回気付いたことは、200Hzに帯域を絞るよりも、350Hzの方がサイドが切れると言うことです。
もちろん、-6dBの帯域は200Hzのフィルターの方が狭いのですが、少し離れて呼ばれてもなんとなく気配を感じるのです。ところが、350Hzにすると少し離れると気配を感じることが難しくなります。500Hzまで広げると、また気配を感じることができます。
私の作り方が悪かったのかもしれませんが、私のK2では350Hzあたりが一番切れるフィルター帯域のようです。でも、セットノイズなども含めて、総合的に勘案すると200Hzの帯域が一番運用していて楽しいです。

QRPコンテストなので、送信出力にこだわっても、自作にこだわらなくても良いように思います。
こだわるのであれば、自作リグコンテストにすると、もっとマニアックなコンテストになって面白いかもしれません。これは冗談半分です。