ALL JA

ALLJA_1.jpg
7MHzCW部門に参加しましたが、土曜日はほとんど交信せず、日曜日もゆっくり起きて始めました。
すぐに朝食ブレークが入り、2時間くらいまじめに運用して、コンディションの悪さに疲れてきたので、
娘の車のタイヤ交換をしたり、昼飯を食べたりしました。
午後はコンディションが回復しましたが、睡魔が襲ってきたので昼寝をするなど、コンステターの王道を行った気がします。
それでも、お祭りは十分楽しむことができました。

DSCWの送受信

2016年4月号・5月号にDSCWの記事が載っていました。
数年前、ハムフェアのFISTSブースでCW交信例を見てもらうために、DigitalSoundCWというソフトを使いました。
今年もまた、CWで楽しく交信しているところを見てもらおうと考えているので、DSCWが使えるかどうか、新しいバージョンをダウンロードして、Windows10のPCにインストールしてみました。

0423DSCW.jpg

K3のCONFIGモードでKEYはDTRにしてあるのでDSCWのTX ContもDTRにしました。COM3はUSBですがRS232C変換を通してK3につながっています。
それから、サウンド関係はSignaLink USBを使いました。
DSCN0481.jpg

ついでに、今日はALL JAコンテストなので、CTWINがSignaLink USBで使えるかどうかやってみました。
結果はOKです。
0423CTWIN.jpg
PTT制御はしていませんが、K3のVOXを使っているので必要性は感じませんでした。
必要であれば、K3の設定 PTT-KEYを RTS-DTRにすればいいとおもいます。
これで、CWも含めデジタル関係はK3で使えるようになりました。

GARMIN GPSMAP64Sがやってきた

GPSMAP0.jpg
ハンディGPS GPSMAP64Sを手に入れました。
これをTM-D710に接続してGPS受信機としての役目を果たしてもらいます。
それから、TM-D710からWAYPOINTを出して、GPS受信機の画面にAPRS運用者を表示させたいのです。
設定がなかなか分からなかったので、メモとしてブログに残します。

一番手間取ったのが、インターフェースの設定でした。
てっきりGARMINシリアルでいいと思ったのですが、なんと「全米海洋研究所」でした。
日本語だからわかりにくかったのですね。言語を英語にしたら「NMEA IN/OUT」出てきました。

GPSMAP1.jpg

GPSMAP2.jpg

TM-D710の設定はこれです。
GPSMAP3.jpg

GPSMAP4 (640x480)

GPSMAP5.jpg
GPSMAP64SとTM-D710はガーミンの純正ケーブル Power/NMEA data cable で接続しました。

TM-D710で表示されたAPRS運用者がGPSMAP64Sの画面に自動でリアルタイムで表示されると思ったら、そうではないのですね。
仙台の地図を見ている時に福岡の局を受信しても、自動で福岡の地図になって、その局が表示されるわけではないようです。登録地点としてメモリーされるので、手動で見ることは可能です。
それとも、何か設定が必要なのでしょうか。
今日のところは、とりあえずOKとしましょう。

春のドライブ

土日は新車でプチドライブを楽しみました。
IMG_0020.jpg
IMG_0022.jpg
昨日行った柴田郡川崎町。仙台の水瓶 釜房湖畔です。
10MHzで数局と交信しました。

APRS0410.jpg
今日は阿武隈川沿いを南下して角田市からトンネルを通り海へ抜けました。
IMG_0024.jpg
IMG_0026.jpg
海水浴場は堤防工事をしていました。周囲は更地です。
今日も鳥の海で運用しました。
久しぶりにVCHアンテナを設営するつもりでしたが、タイヤベースを忘れてしまったので、モービルホイップを使いました。

3XY1TのQSL

本日、OQRSで請求した3XY1Tのカードが届きました。
DSCN0480.jpg
既にLoTWでは受領しているのですが、紙だと手に取ることができるのでやめられません。
14MHzCWの1バンド1モードでした。