FC2ブログ

15番目の道の駅

Kakuda0422miti1.jpg

振替休日を利用して、宮城県では15番目の道の駅となる、角田の道の駅へ行ってきました。
先週金曜日にオープンしたのですが、土日はさすがに激混みだろうと思い、本日行ってきました。
月曜日にもかかわらず、駐車場は満車に近かったです。日曜日はどんな状況だったのでしょうか。

Kakuda0422miti2.jpg
7MHzで運用してきましたが、最初は間違ってRS0614と打ってしまいました。
RS0614は大崎ですね。大変失礼しました。正しくはRS0615です。

A1クラブのRBNには時々しか載らないくらい悪いコンディションでした。
スポット的に2,3,4,5,8エリアの局と交信できる感じでした。
それでも、平日の昼間にもかかわらず、50局と交信できたのはうれしかったです。
今日はとてもいい天気でしたから、太陽光パネルが大活躍しました。
常にサブバッテリーへ2Aの電流を送り込んでくれるので、リグの手元で12.5Vの電圧が2時間後にも12.3Vという表示でした。
出力を25Wに抑えたのも良かったのでしょう。サブバッテリーをいたわってやらないと。できれば丸5年使いたいので。

オール東北コンテスト

2019JA7.jpg
開始直後は3.5MHzでスタートしました。
これは少し失敗。
仙台近郊は50MHzに出る局が少ないので、スタート時には50MHzを優先すべきでした。翌日、50MHzを聞いてみたのですが、コンテストに参加していない移動局が1局聞こえるだけでした。時すでに遅しです。さらに、144MHzや430MHzではほとんど交信したことがないので、是非交信してみたいです。
少ししてから1.9MHzにQSYしました。ATUのおかげで簡単です。でも、雑音は多いし飛びは悪いので、ご迷惑をおかけしたのではないかと危惧しています。ATUは決して魔法の箱ではありません。それでも、ATUのおかげで1.9MHzや3.5MHzに出ることができました。昨夜は3.5MHzと1.9MHzを行ったり来たりして局数を増やしました。

夜はしっかり寝て、朝早くからは運用せず、7MHzでスタートしました。
ご飯休憩をはさんで、午前中はEsのオープンに気を配りながら7MHzでランニングしました。
Esは10分くらいの短時間のオープンが数回あるだけで、そのうちの1回の途中からオープンに気付き、14MHzにQSYしてマルチを増やすことができました。できればもっと長くオープンしてほしかったのですが、こればかりは致し方ありません。日曜日はほとんど7MHzで運用することになりました。

「コンステター」の楽しみの一つに顔なじみの局との交信があります。
もちろんコンテストなので長々と交信するわけではなく、短い時間の中に気持ちを盛り込むところが気に入っています。今日は、普段コンテストに参加していないOMさんから声をかけてもらい、ありがたかったです。コンテスターならやらないのでしょうが、コンステターなのでこんな楽しみもあります。

昨年の記録を上回ることができ、目標は達成することができました。これだけ交信すれば、7エリアの局としては合格をもらうことができそうです。なるべく弱い信号もピックアップしようとしましたが、コンディションのためにコピーできなかった局が結構ありました。呼んでいただいたのに申し訳ないです。これに懲りず、またよろしくお願いします。


上山市移動

QRP仲間が山形県上山市のアマチュア無線局と交信希望されていたので、少し足を伸ばして行ってきました。
IMG_1775.jpg
幸いにも、運用開始直後にコンディションが上がり、無事QRP仲間と交信できました。
しばらくしてコンディションが落ちたので、コンディションが良いうちに交信できてよかったです。

IMG_1776.jpg
最近はノートパッドにUSB4CWをつないで、CTESTWINを使っています。
今日は7MHzからスタートして、10MHzにQSYしました。
でも、CTESTWINは10MHzなどのWARCバンドの設定がないので自宅に戻ってから書き直しました。設定-周波数モードボタン設定でできました。

IMG_1777.jpg
お昼は天童の水車そばで天ざるをいただきました。お昼時だったのに駐車場に車を駐めることができ、並んでいる人がおらず、すぐにお店に入って食べることができてラッキーでした。

下の写真は先週行った東松島市の宮戸島です。
この日もお天気が良くて、ソーラーパネルが活躍してくれました。
サブバッテリーが来月で使用開始から丸4年になるので、少しへばってきていますから、ソーラーパネルは強力な助っ人です。
0407Miyatojima.jpg

TS890のRFGAIN

ログブックの付録につられて購入したCQ誌。
JA1RPKによるTS890のセカンドインプレッションが載っていた。
その中で「静かな受信機の設定」という小見出しがあり、これが目から鱗が落ちるというか、なるほどという内容だった。

それは、TS-890のRF GAINを絞っても感度の低下がないということだ。
例えば、S/N 10dB感度のアンテナ入力レベルは14.1MHz CW BW 500Hz AGC ONの場合、プリアンプOFFではRF GAINは5まで絞っても感度は変わらない。つまり、感度を落とさずに外来ノイズだけでなく、セットノイズ全体を落とすことができるのだ。
そして、もっとびっくりしたのはAF GAINを増やしてもヒスノイズが増えないのだ。つまり、ノイズを増やさずに音量を増やすことができるということだ。

RF GAINを絞ればAF GAINを増やして微弱信号を聞くことになるが、上記の特徴を持つTS890はかなり静かな受信環境を作ることができる。
20190330TS890GAIN.jpg
このあたりがホームポジションになる可能性が高い。
Sメーターは9まで振ってしまうが、感度は変わらずに静かな受信機が出現する。
RF/AF GAINはその時のバンドコンディションによって微妙に調整しなければならないだろうが、うまく調整するとK2よりも静かなトランシーバーになるのがTS890だ。

届出終了

本日届いたメールです。
以前ならこんなメールは来なかったと思うのですが、改善されましたね。

Todokedeshuuryou.jpg