プリンターが使えない?

QSLカードを印刷しようとしたら、こんな表示が出てうんともすんとも言わなくなったプリンター。
IMG_0449.jpg
エプソンに交換を依頼すると1万円以上のお金がかかるし、時間もかかるので以前はプリンターを買い換えました。
しかし、今回は10ドルと手間暇をかけて廃インク吸収パッドを交換しました。プリンターはエプソンのEP-805ARです。

まず、蓋を開けてねじを外します。
DSCN0752.jpg

この部分が出てきたら、2カ所のねじを外します。
DSCN0753.jpg

さらにねじを外してプラスチックのカバーを外していきます。
DSCN0754.jpg
DSCN0755.jpg

廃インク吸収パッド入れが見えてきました。ここもねじを外します。
DSCN0756.jpg

取り外した廃インク吸収パッド入れ。
吸収パッドはまだ半分以上余裕がある感じです。
DSCN0758.jpg

新しくインクを吸収する物を入れました。これで、しばらくもつでしょう。
DSCN0759.jpg

次に、吸収パッドのカウンターをリセットするためにMultimodel Waste Ink Pad Counter reset utility for Epson printers resetというプログラムを使いました。
このプログラムはここから入手しました。
このサイト
PayPalで10ドル支払いました。
困ったのはこの後で、Epsonプリンタウィンドウ3!をアンインストールしなければならないようなのですが、Windows10だとそのやり方が分からなかったのです。あれこれやるうちに、プリンターウィンドウ3が使えなくなるようになったのですが、どうやったかはメモを取らなかったので分かりません。
とりあえず、年度末の超忙しい時期に新しいプリンターを買いに行かずにすみました。

廃インク吸収パッドからインクが漏れることが予想されます。
それを覚悟して試してみてください。その他、予想外の悪影響があるかもしれません。あくまで自己責任でやってください。

5U5R初日出る

遅ればせながら5U5Rと20mCWで交信できました。それもオンフレで。
ただのオンフレではなく、5U5R自身が交信する度に数百ヘルツUPしていくスタイルで、私にとって初めてのスタイルでした。
K3のXITを150HzUPにして呼ぶこと10回あまりで、ピックアップしてもらえました。
その後、30分もすると14024kHzでいつものようにスプリットで交信していました。
5Uは20年前に20mSSBでCFMしていますが、CWはWKDのみだったのでQSLはしっかりもらおうと思います。

非常通信訓練 感度テストに参加

A1クラブの感度テストに参加しました。
6年前の東日本大震災の翌日、A1クラブのOAMにチェックインした時とほぼ同じ設備です。
Key局だった3エリアのOMさんにピックアップしてもらった時は、自分が生きていることを伝えることができてホッとしました。QRHのある「よたよたした」電波だったそうですが、ライフラインが壊滅してもアマチュア無線は大丈夫だということを実感しました。名取市役所の屋上に上げた430のレピーターも大車輪の働きでした。最後の砦はアマチュア無線です。
DSCN0760.jpg
ほぼと書いたのは、今日使った電池は左上のリチウムイオンですが、震災翌日に使った電池は単三タイプのリチウムイオン電池8本でした。アンテナは20mhHB9CVです。あの大地震でもびくともしませんでした。自宅下にある固い岩盤に感謝です。
Key局の信号は3局ともガツンとは言えませんがそこそこ強く入感していました。

そして、震災に備えて平時に何かできないか考えていたのですが、プロの無線従事者資格に挑戦してみました。
といっても工学はさっぱり分からないので、とりあえず一番易しそうな第三級陸上特殊無線技士を受験しました。ドローンを操作するために近い将来必要な資格になるかもしれないからです。試験の内容は4アマ程度?なので落ちることはありませんでしたが、40年ぶり位の試験は最近さび付いてきた脳にはいい刺激でした。

奇しくも3月11日の今日、免許証が届きました。
今時の無線従事者免許証は運転免許証と同じ大きさで、ラミネート加工されているのですね。携帯するのに便利です。試験を受けて合格し、免許証をもらえるというのは嬉しいものです。優しい工学が出題される資格を狙って、また受験しようという気持ちになりました。

ARRL DXコンテストSSB

SSBと書きましたがPhoneが正確です。
QRPで少しだけ参加しました。
結果は下記の通りです。
ARRLDXssb2017.jpg

ぱっとしないコンディションでしたが、強いて言えば14MHzのコンディションが一番良かったでしょうか。
PAとは交信できましたが、MAはフラッターを伴った東海岸独特の信号を聞いたのみでした。

TX5Tと交信


7MHzCWでTX5Tと交信しました。
その後、SR-7でTX5Tを聞いています。
受信のトップを復同調回路にして、放送波の低減化を図っていますが、焼け石に水です。
それから、フィルターはAM用のセラミックフィルターなので混信がたくさんあります。
それでも、これくらい聞こえれば実用にはなりますね。