FC2ブログ

KEMTRX2B TR破裂

TS450の修理が終わったので、貴田電子のTRX2Bの修理に取り掛かりました。
電源を入れてもうんともすんとも言わなくなってから久しいのですが、今日はなぜかLCDに表示が出てきました。
どうしたのかなと思っているうちに、パンとはじける音がして、ファイナルトランジスタの一部が吹き飛びました。
DSCN1219.jpg
DSCN1220.jpg
DSCN1223.jpg
ファイナルは2SC1815を5本使って2Wくらい出ていたので、熱暴走で壊れたのかもしれません。
Q6をニッパーで取り去ると、TRX2Bはまた正常に動作するようになりました。送信してみると、終端電力計は1Wを表示します。それで、しばらくVVVを打電すると、だんだん出力が下がり、1分後には出力が0になり、LCDの表示が消えて沈黙しました。ファイナルの4個のトランジスタはアッチッチです。また熱暴走をしたのかもしれません。
再び電源を入れると、焦げ臭いにおいがしてきました。すぐにスイッチを切って待つこと数分。次に電源を入れたときにパチンと音がして、Q4のトランジスタの一部が吹っ飛びました。
Q6の時と同じような状況になりました。ファイナルが2SC1815では心もとないので、もっとコレクタ損失の大きなトランジスタを使うことにします。

Ronさんの形見

JA1HMK Ronさんの形見を譲っていただきました。
DSCN1216.jpg
バイブロのバグキーです。
しかも、Ronさんお手製のカバーがついています。
DSCN1215.jpg

Ronさんは本名が杉さんで、少なからぬご縁を感じていました。
大事に使います。
デビューは週末に。
週末はオール宮城コンテストですが、バグキーで参加するかもしれません。

TS450リストア

年末に手に入れたTS450は送信できるし受信できるけれど、ジャンク品という触れ込みでした。
受信してみると受信音が濁るので、TS450、TS690で多いAFの電解コンデンサの液漏れかと思いケースを外してみると、前のオーナーが交換した形跡がありますが、プリント基板がしっかり腐食していました。それで、アルコールと砂消しゴムを使って基板をきれいにして、新しい電解コンデンサを付けました。
DSCN1191.jpg

DSCN1198.jpg

これで解決かと思ったら、受信音はまだ歪んでいて、そのうちPLLのアンロックとなってしまいました。回路図とサービスマニュアルをもとに、PLLユニットを調整しました。

DSCN1205.jpg

PLLユニットのTP3は規定値で5.0Vですが、実測値は2.25Vでした。VCO2のTC1を回して3V位になるとアンロックが解消されました。もう少し回して規定値の5.0Vにしました。
ついでにPLLユニットのコイルを調整しようとしましたが、マニュアル記載の電圧が出ていたので止めました。
これでKENWOODサウンドが復活しました。

DSCN1206.jpg

最初の移動運用

2019年最初の移動運用なので名取市内にしました。
閖上漁港へ行きました。
Yuriage20190105.jpg
天気は良かったのですが、とにかく風が強くて難儀しました。
7MHzバンドは常時S7のノイズが出ており、弱い信号をコピーするのが難しかったです。
名取市移動だと自宅と同じでつまらないので、漁港アワードと灯台アワードの番号も送出しました。
1時間で40局ほどと交信することができたので、コンディションはまあまあだったと思います。
車の屋根にマグネット基台を付けてヘリカルホイップアンテナを使いましたが、撤収中に風であおられてアンテナが倒れました。
幸い人にも物にも当たらず被害がありませんでしたが、もう少し早く撤収すればよかったです。

津波で根こそぎやられた港ですが、明日はバラックながら朝市が開催されますし、近くの学校は小学校と中学校が合併して、昨年新校舎になって再開されました。漁船に乗って釣りを楽しむ人もいます。少しずつ復興は進んでいます。少しずつです。

NYPのログを提出

今年のNYPは7MHzを中心に、3.5と10で数局交信して、全部で60局ほどと交信できた。
後半は、昨年作ったHT-1Aを使ってQRPで呼びまわった。
昨年はログを出さないコンテストがいくつかあったので、コンテストではないけれどNYPのログと返信用封筒をJARLに郵送した。
お馴染みさんはもちろんだが、初めて交信する局がいたのが収穫だった。