FC2ブログ

S01WSをLoTWでCFM

S01WS.jpg
わずか100円強のドネーションでLoTWにUPしてくれました。国際郵便がNGだからかもしれませんね。
CWではないのが残念です。CWはパイルの壁が厚くてだめでした。

20年ぶりの交信

21:00JSTより少し前に14MHzでWの東海岸が強力に入感していました。
20200521Condx.jpg
NY,DE,CT州などのアマチュア局と交信しましたが、599+とか579で強力に入感していました。
W2MVにはクラスターにアップしてもらいました。ありがたいことです。
そのおかげか、20年ぶりにK9IG Gregと交信できました。
彼とは1999年の11月に10mで交信しています。そのときは599-599でしたが、今宵は559-559とラグチューするには厳しかったです。それでも、Gregは10mで交信したことを認識しているようでした。今年で開局43周年のようなので、アマチュア無線歴もほとんど同じです。こんな再会もあるのですね。
RIと交信できなかったのは残念です。WAS完成まで後1つです。

欧文 QSO Party

5月1日にJO1DGEとの交信をスタートに、A1クラブの欧文QSO PARTYに参加しています。
趣旨はここをクリック
今年は相手の電鍵の情報を聞き出すというのがお題です。
今日はA1クラブのOAMの少し上の周波数でCQを出すと、10局に呼ばれて、そのうち電鍵の情報を交換したのが8局でした。
これで、以前に情報交換したのを合わせると全部で14局の電鍵についての情報を得ることができました。
今のところ一番多いのは予想通りBencherです。でも、JA2のように型番を送ってきたのは1局だけなので、JA1かもしれないし、型番ごとの数はもう少し少ないかもしれません。
ちなみに、私が最初に購入したのはハイモンドのHK-704ですが、次に購入したのがBencherのBY-2でした。
1980年代後半にケスラー貿易商会から購入しました。当時はまだJAバージョンがなく、アメリカからの輸入品でした。初任給ではなかったですが、働くようになってからやっと購入することができました。それまでは、マイクロスイッチを使った手作りのパドルを使っていました。
BY2.jpg
もう30年使っていますが、いまだにいい感じで打電することができます。当時は購入するまで散々迷って、やっとの思いで送金しましたが、このKeyは一生モノでしたね。買って良かったです。
第2位はKizuna2012です。名前もいいし、縦振りとパドルのコンビキーなので使い勝手がいいです。
そして、第3位はBegaliのSculptureです。これは私の中ではナンバーワンのキーです。これさえあれば、何もいらないです。
(そう、自分に言い聞かせています)

5月も1/3が過ぎましたが、とりあえず最低限のポイントを集めることができました。
後はのんびりやりたいと思います。
久しぶりに、天気、リグ、アンテナやKeyの紹介をして、思い切りラバースタンプを楽しみました。

2Way QRPp

今朝のコンディションはなかなか良くて、QRPで7局と交信することができた。
そのうち、6局とはK1で出力0.5WというQRPpの運用だ。
それで、岐阜の0.5W出力のアマチュア局と559-559というレポートで交信することができた。相手は17mhVDPを使っている。
最後は新潟のQRP愛好家と7003kHzで交信したのだが、レポート交換では599-599で楽勝だと思われたのに、スタンバイしたら信号の存在がわかる程度にまで落ちてしまった。年に1回くらいお会いするOMさんなのだが、リグの話などができると思っていたので残念である。
0.5W出力というのはCBの最高出力と同じで、それでラバスタができるくらいなので、結構いいコンディションなのだろう。

SASE

久しぶりにSASEを受け取りました。
オランダのアマチュア局からでした。
JIDXの交信のQSLカードが入っていました。
PA7DN.jpg
早速郵便局へ行き、返信を出そうとしたのですが、24時間営業の郵便局が18時過ぎには営業終了でした。
HPで営業時間を見たら土・日は7~18時となっていました。残念。