2Way QRPp

10408817_653693058061543_7879915717143857945_n.jpg

日曜日の10時半頃、まだ二日酔いの頭を抱えながらSR-7のスイッチを入れると、KazuさんのCQを見つけました。
ちょうど7003kHzの辺りだったので、AYUで呼ぶしかないと思い、あわててAYUにアンテナをつないでKazuさんを呼びました。

SR-7には10MHzのZeppもどきがつながっています。AFA-40をつなぐと入力が飽和気味になってしまうのです。SR-7にアッテネーターを付けないとダメですね。

どうやらKazuさんは7002.5kHzでCQを出していたらしく、7002.9kHzで呼んだので1回目のコールでは気付いてもらえませんでした。AYUは一応VXOですが、トリマコンデンサーで周波数を調整するので、7002.5kHzにはすぐにQSYできません。それで、もう1度呼んだら気付いてもらえて交信することができました。

KazuさんはFT817を使っていらっしゃいました。
フィルターは350Hzだそうなので、2002.9kHzの0.2Wの信号はなかなか気付かないと思います。有り難いことです。
こうして、AYU+SR-7の組み合わせで初めての交信が成立しました。
早く、AYUにDDS-VFOを組み合わせないと。

全市全郡コンテスト

今年の全市全郡コンテストは長野県下高井郡木島平村でJO1ZZZを運用しました。
ShuugouACAG1012.jpg
JO1ZZZを運用したのは伊豆以来なので、何年ぶりでしょうか。

Hamayuri1012.jpg
ペンションのオーナーはハムで、パンザマストの上にアンテナが上がっています。

Ski1012.jpg
ゲレンデ横のペンションに宿泊です。
コンテストの運用もいいのですが、それよりも話をするのが楽しくて、私は10局交信しただけで終わりにしました。おいしいお酒を飲み過ぎて、符号が頭の中で文字にならないのです。

IMG_2692 (180x240)
圧巻は、オールドリグのたくさん入った棚でした。

soba1012.jpg
信州ですから、美味しいお蕎麦を頂きました。
ちょうど新蕎麦の時期ですね。手挽きのお蕎麦を頂きました。

馬曲温泉にも入りました。
MaguseSPA1.jpg
IMG_2686 (240x180)
山の上にある野天風呂は最高でした。

今回は0エリアの新井さんをはじめ、各局にお世話になりました。
楽しい時間をありがとうございました。


宮戸島移動

東松島市の宮戸島へ行ってきました。
ここも震災で甚大な被害を被ったところです。
復旧作業が少しずつ進み、市民センターなんかが復活していました。宮古島についてはここをクリックしてください。

市民センターは奥松島縄文村歴史資料館の敷地にあり、今回の移動はそこの駐車場から行いました。
宮戸島1004

最初は10MHzだけの予定でしたが、7MHzのリクエストがあったので、10MHzで呼ばれなくなった頃を見計らい、QSYしました。
しかし、7のコンディションが悪く、10局ほどで切り上げました。

マクロを使って固定局のQSLカードと、移動局のQSLカードを同時に発行すると、私の間違いにより移動地が明記されなかったりするので、以前やっていたように移動運用するたびに移動専門のカードを印刷することにしました。
これで、移動地の記載漏れはなくなるでしょう。でも、移動地を間違えて記載するというようなこともあるので、ヒューマンエラーを0にするのは至難の業です。

朝の7MHz

明け方に目が覚めてしまったので、シャックに下りてきてK2のスイッチを入れたら、40mではヨーロッパのアマチュア局の信号がけっこう聞こえていた。

このコンディションだとQRPでも交信できそうだったので、K2の出力を5Wに落としてS53Aを呼んでみた。
すぐに応答があり、GE Sugiと打電してきた。レポートは599だ。
599はご祝儀相場かもしれないが、確かに彼の信号は599+で聞こえている。
こちらが名前を打電する前にGE Sugiだとは、以前交信したことがあったのかなと考えたが、ログにS53Aはヒットしない。
コンテストで交信したのか、彼の他のコールサインで交信したのだろうか。

その後、SP3LPRを呼ぶこと3回。コールバックがあった。
彼とは2006年に40mで交信している。QSLカードももらっているが、もらったレポートが339では挨拶するのがようやっとだった。

YL3IZのCQをSP3LPRの少し上で見つけたので、呼んでみるとQRZの応答があった。
都合10回くらい呼んだだろうか、ついにコールサインをフルコピーしてもらった。
こちらには579で入感しているが、もらったレポートは339。QRMもあるようだ。
5分近いやり取りで、何とかレポート交換が成立した。

後の2つの交信はすんなりといったわけではないが、5WでEUと交信できたということは、秋のコンディションはそこそこ良さそうだ。

移動地記載漏れ

昨日JARLからQSLカードが届きました。
その中に、自分のカードが数枚混ざっていました。
もしかしたら?と思ったら、移動地記載漏れで返送されてきたカードでした。

Logger32のコメント欄にPがある場合はコールサインの次にあるポータブル欄にチェックを入れ、移動地を印刷するようにMMQSLで設定しています。それが、うまくできなかったのでしょう。チェック漏れでした。
カードを見ると、昨年9月の移動運用分なので、寒河江市、大崎市、刈田郡蔵王町の移動QSLカードを再印刷しました。
交信して頂いた各局、大変申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちください。