移動地記載漏れ

昨日JARLからQSLカードが届きました。
その中に、自分のカードが数枚混ざっていました。
もしかしたら?と思ったら、移動地記載漏れで返送されてきたカードでした。

Logger32のコメント欄にPがある場合はコールサインの次にあるポータブル欄にチェックを入れ、移動地を印刷するようにMMQSLで設定しています。それが、うまくできなかったのでしょう。チェック漏れでした。
カードを見ると、昨年9月の移動運用分なので、寒河江市、大崎市、刈田郡蔵王町の移動QSLカードを再印刷しました。
交信して頂いた各局、大変申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちください。

TY1AA & ZD9XF

TY1AAは日曜日の朝に14MHzで交信できました。それもSSBで。
エリア指定をやっていて、7エリアの3局目に応答がありました。
その後、CWではTY1AAもZD9XFもご縁がありませんでしたが、
先ほど、やっと40mCWでZD9XF,17mCWでTY1AAとどちらもLPで交信できました。

ZD9XFの方は、時々CQを打つくらいパイルが小さくなっていました。
そろそろ交信できるチャンス到来?

やってしまいました

QRPスプリントコンテストの結果が発表されました。
ここ数年、毎年のように参加してきたので、今年の成績はどうかな~と結果を見たら、自分のコールサインがありません。
ログを提出するのを忘れていたのです。やってしまいました。

スカンジナビアン・アクティビティ・コンテストはQRPで参加しました。
ログを提出し忘れる前に、Web経由でログを送りました。
SACのWebにコールサインが載っていたので、大丈夫でしょう。
2014SAC.jpg

ALL JA 結果発表

目標としていた500局、50マルチ、全国10位以内は500局が達成できず、50マルチ、全国10位以内はクリアーできました。
ALLJA2014_2.jpg

しっかり寝たのは計算内でしたが、いい加減飽きた頃「鳥が焼けたよ~」の声に負けたのは計算外でした。
最後までやれば、500局も達成できたかも。たら、ればの話です。
優勝するためには、不眠不休でやることでしょうか。あるいは、せいぜい仮眠を取る程度?
もう、徹夜はしたくないですから、その条件内で楽しむことにしましょう。

SR-7のアンテナ

タイトルはアンテナとついていますが、カテゴリはRIGにしました。
SR-7をAFA-40(7MHz短縮HB9CV)につなぐと、SSBの復調が難しくなります。BFOの注入量を調節しても上手く復調できません。
ところが、21/28/50のトライバンダーにつなぐと、ちゃんと復調できるようになります。ただ、少し信号が弱いです。我が家で一番相性の良いアンテナは、10MHzのZeppもどきです。信号もしっかり聞こえますし、復調も大変いいです。AFA-40だと入力が強すぎるのかもしれません。アッテネーターを入れるといいのでしょうね。そういえば、P-7DXは常にATTがONになっています。

セラミックフィルター交換の効果はあるようです。SSBでは混信が減りました。CWではまだまだ広すぎます。これ以上SR-7に手を入れるとしたら、AFのフィルターと考えています。